真中満インタビュー前編
「ヤクルト・リーグ連覇」

29年ぶりにリーグ連覇を果たした東京ヤクルトスワローズ。自身も監督としてヤクルトを優勝に導いた経験がある野球解説者の真中満氏に今季の戦いぶりを振り返ってもらった。真中氏が挙げるリーグ連覇の要因や、MVPは? そしてヤクルトがクライマックスシリーズ、日本シリーズを勝ち抜くためのポイントとは?


リーグ2連覇を達成したヤクルトナイン photo by Kyodo News

チームの「総合力」でつかんだセ・リーグ連覇

ーー長かった2022年ペナントレースもついに終了。セ・リーグではヤクルトがリーグ連覇を果たしました! この1年間をどう振り返りますか?

真中満(以下、同) 村上宗隆という別格の存在はあったけれど、それ以外の選手たちがみな一丸となってチーム全体で戦った末のリーグ連覇という気がします。打撃陣を見ても、3割を打ったのは村上だけで、それ以外は突出した成績を残したバッターはいなかったですよね。

 投手陣を見ても、規定投球回数に達したのは小川泰弘だけ。昨年に続いて2ケタ勝利をマークしたピッチャーもいない。そんななかで、チーム全員の総合力でつかんだ優勝という気がしますね。

ーー真中さんも2015年に優勝監督となり、「連覇」の難しさを痛感していると思いますが、それが可能になったのはどうしてでしょう?

 ざっくりした言い方になるけど、やっぱりバランスがよかったと思いますよ。投打のバランス、ベテランと若手のバランス。打線は村上を軸としてつながりがあるし、投手は中継ぎ陣が踏ん張ってみんなで勝利をものにしていったし、それがさっき言った「チーム全員の総合力」ということだと思います。


元ヤクルト監督でプロ野球解説者の真中満氏 photo by Igarashi Kazuhiro

ーー開幕直後は一進一退の戦いが続きましたが、交流戦直前くらいから一気に加速していった感があります。前半戦の快進撃の要因はどこにあったと思いますか?

 開幕早々、阪神が大型連敗でスタートダッシュに遅れてしまった。巨人は新人を含めた若手投手の「プロ入り初勝利」が目立ったけれど、逆に言えば菅野智之を筆頭に、軸となる存在が出遅れた。こうしたなかで、ヤクルトが去年日本一になった経験を活かした戦い方で勝利を重ねていった。取れるゲームはしっかりモノにして取りこぼしをしなかった。そんな印象がありますね。

ーーシーズン前半戦は、中継ぎ陣の奮闘が特に目立ちましたね。

 昨シーズン後半に活躍した奥川恭伸が早々にコンディション不良で離脱をして、昨年台頭した高橋奎二も、シーズン中盤、後半はコロナの影響で離脱をしました。昨年の日本シリーズ第1戦、第2戦を託されたピッチャーが機能しないなかで、木澤尚文、小澤怜史たちが台頭してきたのも大きかったですね。

郄津監督の我慢度が「10」なら、僕は「5」か「6」

ーー打撃陣に関しては「村神様」のさらなる覚醒と、山田哲人選手の不振が印象的でしたが、真中さんはどう見ていますか?

 最初に言ったように、村上に関してはすでに「別格」という存在感を誇っています。本来ならば、そこに山田も加われば無敵なんだけれども、山田の調子が上がらない時にはホセ・オスナ、ドミンゴ・サンタナの両外国人、塩見泰隆がうまくカバーしたと思います。

「誰かが調子が悪い時には、他の誰かがカバーをする」という強いチームの戦い方ができていたし、シーズン終盤を除いて、全員の調子が悪かったという時期が少なかったのも大きかったですね。

ーー打撃陣では、ショートのレギュラーポジションを獲得した3年目の長岡秀樹選手の躍進も目立ちました。

 アベレージは0.241だったけれど、8番打者で48打点は立派でしたね。これは相手からしたら、すごく厄介だったし、チームとしてはすごく頼りになる存在でした。投手では、昨年0勝の木澤が55試合を投げて9勝したように、昨年からの上積みとして、長岡と木澤、このふたりの存在は大きかったと思います。

ーー7月9日には、郄津臣吾監督をはじめとして、多くの関係者がコロナに感染していることが判明しました。ここからは苦しい戦いが続きましたね。

 後半に関しては打撃陣が不振に苦しんだり、先発投手が早々に捕まったりして、苦しい戦いが続いたけど、郄津監督のなかでは、それも想定内だったと思いますね。序盤の大量貯金があったから、8月の苦しい時期でも投手陣に無理をさせなかった。

 僕からしたら、「ここは交代だろう」「もうちょっと早めの継投をしたら?」と思うこともあったけど、郄津監督は、その先の9月を見据えていました。長いプランで見ていた郄津監督の勝利だと思いますね。

ーー仮に「真中監督」だとしたら、もう少し早めの継投となっていましたか?

 もちろん、試合展開とか連投度合いにもよるけど、郄津監督の我慢度を「10」だとしたら、僕は「5」か「6」程度ですよ(笑)。清水昇、スコット・マクガフが年間を通じて活躍できたのは、こうしたマネジメントがあったからだと思います。

ーー清水投手は、昨年は72試合に登板したものの今季は50試合、マクガフ投手も、昨年は66試合でしたが、今年は55試合と休養を取りながらの起用となりました。

 もちろん、先ほど名前を挙げた木澤や、33試合を投げたA.J.コール、29試合の久保拓眞など、昨年とは違う新たな顔触れが頑張ったことも大きいし、郄津監督を中心としたチームマネジメントが成功したと言えるでしょうね。

陰のMVPには中村悠平を推したい!

ーー今季、いろいろな試合がありましたけど、印象に残っている試合はありますか?

 8月終盤、26〜28日の横浜DeNAベイスターズ戦かな? 試合前にはゲーム差4まで迫られていたけど、ここで見事に3連勝できた。もしもこの時に負けていたら、かなり苦しくなっていたけど、ここで見事に勝ちきれた。これは大きかったですね。

ーー連覇を実現した立役者、MVPは誰でしょう?

 それはもう村上しかいないじゃん(笑)。MVP投票で、100人いたら100人が村上でしょう。村上以外に投票する記者がいたら、「何を見てたの?」と言われるぐらい圧倒的な存在感でしたから。

 でも、それじゃあ面白くないから、あえて「陰のMVP」を挙げるとすれば、中村悠平を推しますね。打率としては0.263とまずまずだったけど、故障から復帰後のリードの安定感はずば抜けていたし、若いピッチャー相手にも根気強くリードしていました。マニアックな見方かもしれないけど、僕は中村を推したいな。

ーー中村選手は、真中監督時代の2015年も正捕手として活躍しました。

 キャッチャーというポジションは、抑えたら褒められるし、打たれれば非難されるけど、中村の場合はもともと、冷静で優秀なキャッチャーなんですよ。だから「急に去年、今年と成長した」というわけじゃなく、僕から言わせれば「昔からいいキャッチャーだったんです」と言いたい気分ですよ(笑)。去年、今年とさらに経験を積んで、これからますます円熟味を増してくると思うな。

ーー10月12日からはクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージが始まります。対戦相手は現時点では未定ですが、これからCS、日本シリーズを勝ち抜くためのポイントを教えてください。

 ペナント終盤は、必ずしも「いい状態だ」とは言えなかったし、先発投手陣に不安は残るので、去年の「第1戦・奥川、第2戦・高橋」のようにすんなりいく感じはしないのが正直なところなんですよね。短期決戦のカギになるのは、やっぱり先発ピッチャーですよ。現状では小川、サイスニードが中心となるでしょうね。あとは高橋が間に合うかどうか。

ーーファイナルステージから始まるヤクルトについて、試合間隔が空いてしまうことなどの不安材料はありますか?

 よく、「試合勘」が話題になるけど、僕は、それはあまり気にしないですね。ヤクルトにはアドバンテージの1勝もある。「相手チームの勢い」よりは、「ヤクルトのハンデ分1勝」のほうが大きいと、監督時代も思っていたし、今も思っています。

ーーCSに向けてのポイントを最後に教えてください。

 僕としては、投手陣が充実している阪神が不気味です。仮に青柳晃洋、伊藤将司がDeNA相手に投げたとしても、勝ち上がってくればヤクルトとの第3戦、第4戦に登板する可能性もあります。短期決戦はピッチャー次第という部分もあるので、そこが懸念材料ではあるけど、2年連続でリーグ制覇したヤクルトの強さは本物です。期待して見守りたいと思います!

後編<村上宗隆は「僕の監督時代に入団してほしかった」。真中満が見抜いた三冠王の進化と印象的だった人間性>を読む【プロフィール】
真中満 まなか・みつる 
1971年、栃木県生まれ。宇都宮学園、日本大を卒業後、1992年ドラフト3位でヤクルトスワローズに入団。2001年には打率.312でリーグ優勝、日本一に貢献した。計4回の日本一を経験し、2008年に現役引退。その後、ヤクルトの一軍チーフ打撃コーチなどを経て、監督に就任。2015年にはチームをリーグ優勝に導いた。現在は、野球解説者として活躍している。