TBSに一難去って、また一難……。朝の帯番組「THE TIME,」の金曜MCを務めていた俳優の香川照之(56)が、性加害により番組を降板したのは9月1日のこと。あれから1カ月、今度は夜の帯番組「news23」でキャスターを務める国山ハセンアナ(31)が、年内でTBSを退社すると発表したのだ。人気の国山アナが去れば、同番組で共にキャスターを務める小川彩佳アナ(37)は、さらに窮地に追い込まれる。

 ***

【画像】ピンチに陥る小川彩佳アナ、「真剣勝負」の取材現場より

 香川の降板により、「THE TIME,」月〜木曜MCの安住紳一郎アナ(49)の今後に注目が集まっている。これに関しては、デイリー新潮「『香川照之』降板で『THE TIME,』はどうなった? 絶対に人には言えない『安住アナ』と『番組P』の心境」(9月30日配信)で報じた。

小川彩佳アナ

 今度は夜の看板番組「news23」である。民放プロデューサーは言う。

「『THE TIME,』は低視聴率が局内でも問題になっていましたが、負けず劣らずの低視聴率が続き、テコ入れ必須と言われているのが『news23』です。実を言うと、9月29日の放送では2・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)という今年最低の視聴率を記録しました。国山アナが年内いっぱいでのTBS退社を発表したのは、その翌日のことです」

 国山アナの挨拶は以下の通りだ。

国山:私事ではありますけれど、年内いっぱいでTBSを退社することとなりました。日々ニュースを伝え、番組を担当する中で、新たに挑戦したいことが見つかりました。来年からはアナウンサーという職からは離れて、新たな道を進んで行こうと考えています。

「news23」を担当する中で、やりたいことを見つけたというのが気になるが……。

さんまとマツコが原因か?

「どのような心境の変化でしょうか。2013年にTBSに入社した彼は、『Nスタ』の平日版サブキャスター、『王様のブランチ』の進行、『アッコにおまかせ!』のアシスタント、『グッとラック!』のMCと、順調に看板アナへの道を歩んできました。昨年6月には『週刊さんまとマツコ』で、もっと仕事がしたいと直訴していたのに……」

 もっとも国山アナは、マツコ・デラックスからは「(TBSには)安住くんがいるわけじゃない。この辺の年格好の男のアナウンサーはもういいよね」と、明石家さんまからも「じゃあ、いらんわ。安住がいるから。退社や!」とツッコまれていた。ひょっとして、あれがきっかけだったのか?

「TBSも期待していたはずです。『アッコにおまかせ!』では和田アキ子さんに可愛がられ、『グッとラック!』では立川志らく師匠にツッコミも入れられる変幻自在なキャラは、安住アナを継ぐ位置にいました。だからこそ昨年8月末に『news23』に起用されたのです。しかも彼が起用されたのは、Z世代の視聴者への訴求力を期待されてのことでした。そのため『news23』は、若い視聴者向けにTikTokで動画配信まで始めたのです」

 それでも数字は上がらなかった。それどころか2・6%という低視聴率まで出してしまったのだ。もっと根本的な問題があるのでは?

視聴者に強いる緊張感

「やはりメインの小川彩佳アナでしょうね。TBSの看板である報道番組で2%台は目も当てられません。週明けの10月3日の放送では4・3%と持ち直したものの、ウラの『news zero』(日本テレビ)は8・3%と、ダブルスコア近くもあるのですから、安心など出来ません。もっとも、彼女がテレ朝の局アナを辞め、19年6月に『news23』に起用された頃も似たような数字でした。TBSの佐々木卓社長が、視聴率について“全く不十分”と苦言を呈したことも話題となりました」

 その後の小川アナは、20年7月に産休入りし、10月には早くも復帰した。昨年2月には夫の不倫報道があり、6月に離婚と、話題には事欠かなかった。

「それらも数字には結びつきませんでした。メインキャスターに起用された頃から言われてきたことですが、彼女は23時台のニュース番組にはそぐわないと言わざるを得ません。もちろん報道の才能や度胸はあると思います。しかし、ニュースを読む言葉に、人柄や経験が滲み出てこないのです。23時台といえば、サラリーマンが疲れて帰宅し、寛ぎを求めたい時間帯です。ビールでも飲みながら、あるいは横になって見ているときに、クールビューティーな彼女から有無を言わせぬ感じで語られれば、視聴者も気が休まらないでしょう」

 どうやら彼女にも、その辺りの自覚ができたようなのだ。インタビューでこう答えている。

「23」で見せないお茶目ぶり

《育児中にも思ったんですが、午後11時までは日々の活動の余熱が残っているんですけど、11時以降は明日のことを考えたり、睡眠前のオフタイム。受け止め方や頭の使い方がガラッと変わる。コロナ禍でテレビを取り巻く環境も変わり、ニュースの合間に挟む言葉や表情ひとつとっても工夫しないといけないんですけど、気づいたら、しかめっ面になっちゃってたりしているんですよね(笑い)》(スポーツ報知:22年9月3日)

「実は彼女は、TBSの選挙特番で見せた爆笑問題の太田光の手なずけっぷり、『サンデージャポン』(TBS)で太田に離婚をイジられた際も逆手にとって自虐してみせたお茶めっぷりが、視聴者の共感を呼んだ。そんなバラエティー向きの一面もある。それがもったいないことに、『news23』では全く見えないんです。『news zero』の有働由美子アナは、その辺りにかけては手練れと言ってもいいでしょう」

 小川アナもバラエティ番組を担当しておくべきだったか。ともあれ、「news23」に大刷新が求められていた矢先に、国山アナが抜けることが決定した。

後任はホラン?

「これで『news23』も、否応なしに大幅な刷新が求められることになりました。小川アナの前任だった雨宮塔子アナ(51)も3年2カ月で降板しましたからね。小川アナ更迭論が出ても、やむを得ないでしょう」

 中には「news23」を打ち切り、新番組を検討との報道もある。

「それはないと思います。『23』は初代キャスターの筑紫哲也さんから23年続く伝統の枠です。民放はスポンサーが命ですが、下手に看板を掛け替えるとスポンサーが逃げます。特にあの時間帯は最も単価が高い枠であり、たとえ数字が取れなくても、売れていればとりあえず良しとされます。現実的には、小川アナに代わる後任探しということになるでしょう」

 同じTBSの平日夕方の報道番組「Nスタ」でキャスターを務めるホラン千秋(34)はどうか、という声も上がっている。

「彼女の本業はタレントですからね。この秋からはテレ朝のバラエティー『ニンチド調査ショー』のMCも始まったばかりです。所属するアミューズだって、23時台の帯番組よりもゴールデンを取るでしょうね」

 では他に誰が?

「かつて『23』でキャスターを務めた膳場貴子(47)という手もあります。彼女は今、TBSの『報道特集』のキャスターを担当しています。彼女を呼び戻して、小川アナとのトレードもあり得ます」

デイリー新潮編集部