阪神の来季監督に岡田彰布氏の就任が内定したと報じられている。

2020、2021年と2年連続2位で、今季は矢野燿大監督がシーズン前に退任を発表して頂点を目指したが、春先に出遅れたのが大きく響き、CS圏内の3位に滑り込むのが精一杯だった。

2投手流出でも「大きな痛手にはならない」

戦力で他球団に見劣りするわけではない。

チーム防御率2.67はリーグトップだ。エース・青柳晃洋が13勝4敗、防御率2.04で最多勝、勝率第1位(.765)、最優秀防御率と「3冠」に。西勇輝、伊藤将司は共に防御率2点台で9勝をマークし、ガンケルもゲームメーク能力が高い。プロ3年目の西純矢が台頭し、才木浩人も右肘トミー・ジョン手術から復活した。

救援陣も湯浅京己が59試合登板で2勝3敗43ホールド、防御率1.09、浜地真澄が52試合登板で1勝3敗21ホールド、防御率1.14と奮闘した。湯浅はリーグ最多ホールドで自身初の最優秀中継ぎ賞を獲得し、来年は守護神を務める可能性が十分にある。

一方で、気がかりなのが主力投手たちの動向だ。西勇は2度目のFA権を取得し、去就が不透明になっている。藤浪晋太郎もポスティング・システムでメジャー挑戦したい希望を球団に伝えている。2人の流出危機で戦力ダウンが危惧されるが、阪神を取材するスポーツ紙記者は「大きな痛手にはならない」と語る。

藤浪は「近年ほとんど戦力になっていない」

「西勇はオリックスから阪神にFA移籍して4年間で計36勝と先発ローテーションで回ってきたが、先発陣の層は厚い。ドラ1右腕の森木大智が楽しみな逸材だし、今年1勝のみに終わった秋山拓巳も期する思いが強いでしょう。左ひじを手術した高橋遥人は復帰に来年の夏ごろまでかかりそうだが、状態が万全に戻ればエースになれる。藤浪は近年ほとんど戦力になっていない。今年の夏場以降に先発で復活の兆しを見せたが、チームに不可欠な投手と言う立ち位置ではない。西勇、藤浪が抜けても阪神の未来は明るいと思います」

岡田氏が阪神をどう変えるか。手腕が注目される。(中町顕吾)