増嶋竜也氏、妻・潮田玲子さんのアプローチでビジャ氏との3ショット成功報告

 元Jリーガーの増嶋竜也氏が、公式ツイッターを更新。

 日本でも活躍した世界的なストライカーとの遭遇を明かし、元バドミントン選手で妻の潮田玲子さんの行動に「俺だったら絶対言えない…」とコメントすると、元日本代表MF福西崇史も「さすが、嫁。。。w」と反応している。

 高校サッカーの名門・市立船橋出身の増嶋氏はFC東京や京都サンガF.C.、柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉などで活躍し、2020年シーズン限りで現役を引退。現在は公式YouTubeチャンネル「増嶋家ちゃんねる。」を開設するなど、多岐に渡った活動をしている。

 そんな増嶋氏が、ツイッターに妻のある行動をツイート。「ビジャが隣のグランドで撮影してて、興奮してたら急に嫁が写真撮ってほしいとお願いし始めた… おいおい… 俺だったら絶対言えない… 『断れるかもしれないけど言わないとわからないでしょー』 何も言い返せませんでした」

 ビジャとは、FCバルセロナ、スペイン代表のほか、ヴィッセル神戸でも活躍したダビド・ビジャ氏のこと。サッカークリニックを開催するため来日中だった超大物ストライカーに遭遇したようで、潮田さんの積極的なアプローチの甲斐あって3ショットの撮影に成功。投稿には夫妻とビジャ氏の3人が笑顔で収まった1枚が添えられている。

 この投稿が反響を呼び、ファンからは「行動力素敵」「さすが世界と闘っていた奥様。メンタル最強」「鬼メンタル」などの声が寄せられたほか、元日本代表MF福西氏も「さすが、嫁。。。w」と反応。これに増嶋氏も「決断力はさすがでした…」と、感服した様子だった。(FOOTBALL ZONE編集部)