昨夏から交際していたA子さんと同棲中の8月、トンガ人のB子さんと“結婚”していたと「週刊文春」(10月6日号)が報じた、トンガ出身のラグビー日本代表のシオサイア・フィフィタ(23)。彼が日本代表合宿を「嘘をついて帰って来た」と明かしていたことがわかった。同時期に交際していたC子さんにLINEで語っていた。

【画像】「嘘ついて帰って来た」と告白するフィフィタのLINE


シオサイア・フィフィタ選手 ©共同通信社

 フィフィタがフェイスブックのステータスを「既婚」としていた小誌報道を見て、連絡をしてきたのがC子さんだ。

「私も彼と付き合っていたので、報道を見て本当に驚きました。『あ、全部嘘だったんだ』って」

「今はフリーやで」フィフィタからの積極的なアプローチ

 フィフィタと彼女との出会いは今年の4月だった。

「SNSでフィフィタがメッセージを送ってきたんです。『今はフリーやで』って言ってたんですが……。熱意に負けて会うようになり、『私たち付き合ってるの?』と聞いたら『そう!』と即答していました」(同前)

 LINEからは彼女にも積極的にアプローチしていたことが窺える。

「『大好きだ』『会いたいよ』は日常茶飯事。夜中に『ホテル行こ』って送ってきて、忙しかったので断っても『ちょっとだけ』と粘られたこともありました」(同前)

 今年5月には、代表合宿で受けたPCR検査で新型コロナ陽性になったことをA子さんに秘密にして、一緒に沖縄に行っていたフィフィタ。実は合宿直前、C子さんにこう語っていた。

「日本代表の合宿に行きたくない。もうコロナって嘘ついて帰ってくる」

フィフィタが“嘘をついた”証拠LINE

 すると合宿開始直後の5月23日、本当に感染者が出たのだ。フィフィタは同日、C子さんにLINEでこう伝えている。

〈コロナ出たから〉〈皆解散〉〈Close contact(濃厚接触)の人達は帰る〉〈俺は嘘ついて帰って来た笑笑〉

「濃厚接触じゃないのに、『濃厚接触』と嘘をついたのかなと思いました。ただPCR検査をしたら陽性だったので、結果的に良かったのですが」(C子さん)

 事実関係を確かめようと、フィフィタに電話したが出ず、メールの返事も無かったが、コロナ感染について所属の花園近鉄ライナーズは、「『陽性』判定であったとの連絡が代表チームからありました」と回答した。

 続いて日本ラグビーフットボール協会広報に質問すると、

――代表に「濃厚接触」と嘘の申告をしたのは事実か。

「そのような事実は確認しておりません」

――本人への聞き取りは?

「『そのような事実はない』という回答で結構です」

 と、あまりに投げやりな回答。そこで、改めて本人のLINEなどを入手していることを示すと、協会広報は次のように回答をしてきた。

「当協会で必要とする本人への確認は始めており、仮に弊協会の倫理及び処分規定に反する行為を確認した場合には厳正に対処するものといたします」

 このほか、フィフィタがC子さんにも結婚を匂わせていたこと、コロナ陽性後の療養期間中に飲みに行っていたことなど、10月5日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および10月6日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年10月13日号)