【AFP=時事】4日に各地で行われたサッカー欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2022-23)の試合で、インドネシアのスタジアムで先週末に起こった事故の犠牲者131人を悼み、黙とうがささげられた。

 欧州サッカー連盟(UEFA)は同日、「インドネシアのカンジュルハン・スタジアム(Kanjuruhan Stadium)で起こった悲劇的な出来事の犠牲者を悼み、キックオフ前に1分間の黙とうをささげる」と発表した。

「1分間の黙とうは、UEFAが管轄する今週の全試合で実施する」としており、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2022-23)、ヨーロッパカンファレンスリーグ(UEFA Europa Conference League 2022-23)、女子W杯(FIFA Women's World Cup 2023)予選プレーオフの試合が対象になる。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
インドネシア警察が謝罪 サッカー場事故、死者131人に
「選手の腕の中で亡くなったファンも」 インドネシアのサッカー暴動
インドネシアのサッカー暴動、「加害者」の処罰要請 治安相