結婚式は人生の晴れ舞台、誰もが最高の日にしたいと思うものだろう。しかし、結婚式を控えていた20代後半の女性(神奈川県/既婚/企画・マーケティング・経営・管理職/年収400万円)は、招待した友人からのある言葉にショックを受け、悲しい気持ちを綴っていた。(文:永本かおり)

キャリコネニュースでは、「結婚式での衝撃エピソード」をテーマにアンケートを行っています。回答はこちらから。https://questant.jp/q/TWNPHCTP

「私が主役の日にすら気を配らないなんて」

結婚式を控えていた女性。招待した友人とのエピソードについて、

「自身の結婚式で、参列する友人に『何時に終わるの?』と直接聞かれた。彼女には彼女の事情があるようでしたが、私が主役の日にすら気を配らないなんてと幻滅した」

と綴った。祝福の気持ちが感じられない友人の発言にがっかりした様子だ。

また、友人の結婚式に参列した40代前半の女性(栃木県/既婚/事務・管理/年収500万円)は、その式の裏事情をこう打ち明けた。

「友人は体裁を気にするタイプで、自分の結婚式に呼ぶ人がいないからと結婚の半年前から市役所の臨時職員として働き始め、そこの同僚を結婚式に呼び体裁を作ってました」

結婚式に正解不正解はないが

「友人枠も私しか埋まらず無理矢理昔の友達を呼んでいてなんだか悲しかったです」

と、女性は率直に気持ちを綴っていた。