MMD研究所は10月3日、「日米中3ヶ国都市部スマートフォンユーザー比較調査」の結果を公表しました。
 
本調査は、日本(東京・大阪)、アメリカ(ニューヨーク州、カリフォルニア州ロサンゼルス、カリフォルニア州サンフランシスコ)、中国(北京、上海)に住む15歳〜69歳のスマートフォンを所有する男女を対象に、2022年8月23日から8月28日までの期間で実施されています。有効回答数は、日本が557件、アメリカが562件、中国が552件で、計1,671件です。

日米中の都市部在住者のメインスマホのOS比率

日本(東京・大阪)在住者がメインで利用しているスマホのOS比は、iPhoneが49.4%、Androidが50.4%で、わずかながらAndroidが高くなっています。
 
アメリカ(ロサンゼルス、サンフランシスコ)在住者は、iPhoneが58.7%、Androidが50.4%、中国(北京、上海)在住者は、iPhoneが33.7%、Androidが66.3%でした。
 

メイン利用端末の5G対応の有無

日米中の都市部在住者のメイン利用スマホが「5Gに対応しているか」を聞いたところ、日本は34.5%、アメリカは61.9%、中国は71.7%が「5G対応端末」であることがわかりました。
 

メイン利用のiPhone機種

iPhoneをメインで利用している日本在住の275人、アメリカ在住の330人、中国在住の186人を対象に現在メインで利用しているiPhoneの機種名を聞きました。
 
その結果、日本では「iPhone SE(第2世代)」が最も多く16.0%、次いで「iPhone8(12.4%)」、「iPhone11(10.2%)」でした。
 
アメリカでは「iPhone13 Pro Max」が最も多く13.6%、次いで「iPhone12(10.0%)」、「iPhone11(9.7%)」、中国では「iPhone13」が最も多く21.0%、次いで「iPhone13 Pro(15.1%)」、「iPhone13 Pro Max(12.9%)」という結果になりました。
 

 
iPhoneシリーズ別の利用比をみると、日本は「iPhone12シリーズ(19.3%)」が最も使われていました。アメリカと中国は「iPhone13シリーズ」が最も使われていてそれぞれ31.2%、51.6%で、ハイエンドシリーズの利用率は、日本よりもアメリカ、中国のほうが高くなっています。
 

 
iPhoneの画面サイズ別でみると、日本は6インチ以下のiPhone利用率が57.8%で、アメリカの28.8%、中国の23.1%より2倍以上高く、日本では依然、小さい画面のiPhoneの需要が高いことがわかります。
 

メイン利用のAndroidスマホのメーカー

Androidスマートフォンをメインで利用している日本の281人、アメリカの231人、中国の366人を対象にAndroidのメーカー名を聞きました。
 
その結果、日本は「SHARP」が最も多く29.5%、次いで「SONY(18.9%)」、「Samsung(16.4%)」でした。
 
アメリカは「Samsung」が最も多く61.0%、次いで「LG」と「Google」が9.1%、「Motorola」が7.4%、中国は「HUAWEI」は最も多く37.4%、次いで「Xiaomi(15.3%)」、「OPPO(11.2%)」でした。
 

メイン利用の通信事業者

メインで利用しているスマートフォンの通信事業者については、日本在住者は「docomo(従来のプラン)」が最も多く63.9%、次いで「au(従来のプラン)(16.7%)」、「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)(12.2%)」、「SoftBank(従来のプラン)(11.7%)」でした。
 

 
アメリカと中国の結果については以下の通りです。
 


 
 
Source:MMD研究所
Photo:photo AC-webbiz
(kotobaya)