米紙が白熱するア・リーグMVP論争に着目

 米大リーグ・エンゼルス大谷翔平投手は34本塁打、投げては15勝と今季も二刀流の躍動。61本塁打のアーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)とともにア・リーグMVP候補に名を連ねている。白熱するMVP論争に米紙が注目。将来的な「ショウヘイ・オオタニ賞」の設立までも求めている。

 昨季は満票でア・リーグMVPを獲得した大谷。今季も低迷するチームの中で輝きを放っているが、MVPはジャッジとの一騎打ちの様相を呈している。ジャッジはア・リーグ記録の61本塁打を記録し、三冠王も射程圏内。さらにチームを地区優勝に導くなど、MVP論争は意見が割れている状況だ。

 この状況に注目したのが、米カリフォルニア州地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」。「MVPはオオタニかジャッジか? 選んでみよう」との見出しで、白熱するMVPレースを論じた。

 大谷の優れたスタッツを紹介しながら「それでもMVP確定ではない」とし、「これはアーロン・ジャッジがいかにとんでもない成績を残しているか、どれほどMVP論争が盛り上がっているかを示している」と伝えている。

 大谷の投球成績にも着目。「打撃は昨年より少し後退したが、マウンド上では大進歩。15勝を挙げ、防御率は3.18から2.35に。さらに奪三振率11.9はリーグトップなど、これはサイ・ヤング賞レベルの成績だ」。投手最高峰の栄誉に相応しい活躍だと紹介している。

「いずれはショウヘイ・オオタニ賞が必要」と提言

 異次元の成績を残す二刀流に対し、「オオタニは様々な面で支配的であるので、賞を毎年受賞することは可能だ。マイケル・ジョーダンやレブロン・ジェームズのように」と最大限に評価した。

 それでも、ジャッジは名門球団で61年ぶりのリーグ本塁打記録に並び、MLBの連日ホットなトピックに。記事では「時に投票者はトレンドを混ぜてしまうものだ」と票が話題性に影響を受ける可能性を指摘。大谷にとって不利ともいえる背景に触れた。

 また、同紙は大谷の活躍になぞらえて、新たな賞の設立を提言。「いずれは各リーグで最も優れた二刀流選手を表彰するショウヘイ・オオタニ賞が必要となるかもしれない。そうやって野球界が発展することを願っている」と球界の未来まで展望していた。

 大谷は1日(日本時間2日)の本拠地レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。4打数1安打で連続試合安打を16に伸ばし、チームの6連勝に貢献した。

(THE ANSWER編集部)