「闘莉王TV」でエクアドル戦出場選手を10点満点で採点、決定機逸の古橋が単独最低点

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフで行われた国際親善試合でエクアドル代表(同44位)と対戦し、0-0と引き分けた。

 カタール・ワールドカップメンバー26人発表前のラストアピールの機会となったなか、元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏はこの試合の出場選手を格付け。待望の1トップ先発で期待していたセルティックFW古橋亨梧に単独最低点。「いくら推しでも推し切れない」と愛あるダメ出しに出ている。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回は、エクアドル戦を戦った日本代表。出場選手を10点満点で採点する格付け企画を行なったが、森保ジャパンの1トップ候補に常々推していた古橋が3点。よもやの単独最低点となった。

「ラストチャンスだと分かっているのか! いくら古橋推しでも、推し切れないわ」

 ヴィッセル神戸FW大迫勇也の不在で1トップ先発となった古橋。連係面で不慣れな部分もあったが、相手のパスミスから訪れた決定機を外すなど、不完全燃焼な45分となった。

「決定力。ここぞというところで、周りと合ってない」と話した闘莉王氏。2度の決定機については、「別に両方決めろとは言わない。どっちかだ。落ち着いて。トラップした場面も、もうワンタッチできたでしょ」と愛ある苦言を呈している。

「日の丸のユニフォームは簡単なものじゃない。重いね。着ると普段のことができない」。セルティックでゴールを連発する推しメンのポテンシャルを高く評価するからこそ、奮起を期待する最新回になっている。(FOOTBALL ZONE編集部)