早稲田大学名誉教授・浅川基男氏の著書『日本のものづくりはもう勝てないのか!?』より一部を抜粋・再編集し、各国と比べた日本の「ものづくり」に対する「人材投資」の現状について見ていきます。

人材に投資しない日本の企業

世界の動向と比較して、日本は経済規模に比してびっくりするほど人材投資をしていない。

2000年代までは、GDP比0.42%、2010年代まではさらに悪化し、0.23%に下落して、主要国の1/7〜1/8にすぎない(図1)。

[図1]

多くの経営者は日本の学校教育には期待していないと言いながら、経営者も人材開発に投下していない。最大のものづくりの革新に必要なリソースである人に投資せず、日本の未来はどうなるのだろうか。

これを逆に見れば、人材育成には大きな伸び代がある、と前向きに考えられる。

内向きになった日本の大企業

2018年6月の日本経済新聞電子版に「経団連、この恐るべき同質集団」という刺激的なタイトルの記事が掲載された。

大企業の総本山である日本経済団体連合会の会長と副会長18名の計19名の経歴を調べ、以下のような「超同質集団」という特徴を指摘している。

1.全員男性で女性はゼロ人

2.全員日本人で外国人はゼロ人

3.一番若い副会長で62歳、50代以下はいない

4.起業家もプロ経営者もいない

5.転職経験がない

2021年になって経団連に初めて女性の副会長が誕生することになった。2以外の同質体制にやっと風穴があけられ始めた日本の企業はリーマンショック後、社員の賃上げや設備投資などしなくなった。

その間、企業の内部留保すなわち利益剰余金は何もしない状況で溜まり続け、特に2010年以降に急増し、現在は250兆円近くに達している(図2)。

[図2]

新設備がなければ、技術者は「改良改善業務で古い工場を維持するだけ」となり、発展途上国から、一層追い上げられることになる。さらに、最近は大企業の技術開発の多くが、関係会社と呼ばれる下請けに丸投げされる事態になりつつある。

すなわち技術開発の外注化である。そして大企業の新人社員の業務は、現場で汗水たらす働きから、関係会社の技術の管理すなわち書類業務に変化している。生まれた赤子が母乳を飲まされず、牛の乳を飲まされている状況に等しい。

大切な時期に、直接技術開発にかかわらないと、母乳を飲まずに育てられた赤子同様、病にかかりやすく、エンジニアとしての一生を台無しにしてしまう。

優秀な学生が「日本の大企業」を見限りつつあるワケ

最近、学生時代から自分なりの考えや、思いをもった優秀な若者が、大企業を見限りつつあることをご存じであろうか?

退職せざるを得なかった彼らは、自分なりの「思い」があり、主張があり、改革の意欲がある人物ばかりだ。

多くの大企業では、優秀な若者の思いを受け入れる余裕や度量がないため、「もうやってられない」と、転職しつつある。

A君は、X社において、極めて優秀で3年間米国の大学に留学した。帰国後、満を持して様々な提案をしたところ、「君だけ特別扱いできない」といって、取り合ってもらえず、やむを得ず外資系のコンサルタント会社に転職してしまった。

B君はY社3年目にして社長賞をもらうほどの有能なエンジニアであった。

あるとき海外での事業展開を提案し、自分がそこに行って活躍したいと願い出ると、「君だけ特別扱いできない」と言われ、もう我慢の限界に来たと会社を辞し、今は海外で活躍している。

C君はZ社3年目、いろいろな技術に携わった後、自分の所属する組織の改革について提案したところ、「入社3年目でそのような提案はまだ早い」と言われ、これでは何を提案してもダメと悟り、ベンチャーに転職した。

そのベンチャーの社長(米国有力工科大学出身で日本語堪能な米国人)から、入社時に5時間にわたり個人面談された。「人材こそが企業のいのち」と熟知しているのだ。

今日本は、穏やかで普通になりたい一般の若者と、大過なく過ごしたい大企業の双方にとって、「思い」を主張することは「やっかいなこと、面倒なこと」として避けられ、その風潮が蔓延、指示待ち人間を増やす結果にもなっている。

株主総会をシャンシャンと終わらせる企業に将来はない。

「何を言っても動かない会社」が若者には見透かされ、伝統に安住している大企業が、今危ない!

******************

浅川 基男


1943年9月 東京生まれ
1962年3月 都立小石川高校卒業
1968年3月 早稲田大学理工学研究科機械工学専攻修了
1968年4月 住友金属工業株式会社入社
1980年5月 工学博士
1981年5月 大河内記念技術賞
1996年4月 早稲田大学理工学部機械工学科教授
2000年4月 慶應義塾大学機械工学科非常勤講師
2002年4月 米国リーハイ大学・独アーヘン工科大学訪問研究員
2003年5月 日本塑性加工学会 フェロー
2004年5月 日本機械学会 フェロー
2014年3月 早稲田大学退職、名誉教授
著書:基礎機械材料(コロナ社)ほか