YouTuberかねこあやさんが2022年9月23日、自身のYouTubeチャンネルに公開した動画で、過去に受けた整形手術に関するエピソードを披露した。

19歳の時に入れた鼻のプロテーゼを25歳で抜去したといい、その理由も説明している。

初めての整形は二重埋没

かねこさんは「今まで隠していたこと全部話します」というタイトルで動画を投稿し、「何度かこの顔を整形したことがあります、ちゃんとメスを入れて」と告白。整形遍歴を語った。

初めての整形は2011年、高校2年生の時に受けた二重の埋没手術「3点留め」。ギャルだった当時はメザイク(二重をつくるテープ)で二重幅を広げていたが「将来まぶたがたるんだら嫌だ」と思っていたという。

ギャル雑誌『Ranzuki』『BLENDA』の専属モデルとしても活躍していたかねこさんは、先輩や同僚から埋没手術についての情報を得て、初めての整形を決意。術後、腫れの引いた自分の顔を見て「メザイクで作ってた幅広二重になってる!」と感動したようだ。

次の整形は鼻。ギャル時代は真っ白なハイライト、ノーズシャドーを仕込んで鼻を高く見せていたが、ギャルメイクを卒業し目元の化粧が薄くなったタイミングで「目元がナチュラルメイクなのに鼻だけ『ライオンキング』みたいになるのもメイクとして合わないなあと思って...やめたんですよ」と、劇団四季の演目「ライオンキング」の舞台メイクに例えてメイクの変化を説明した。

すると今度は「なんか物足りない!」「目と鼻が合わない!」という感覚に陥った。整形クリニックに駆け込んだところ、レディエッセ(長期持続型皮膚注入剤)を勧められ、実際に受けると当初は感動。だが、継続的に注射でレディエッセを注入する痛みに耐えられず、2013年、19歳の頃にI型プロテーゼを入れたと告白した。

だが、かねこさんはこのプロテーゼを25歳の時に抜去することとなる。

目立つ鼻が「嫌になっていった」

年齢を重ねるにつれ「化粧もどんどん薄くなっていって、ギャルメイクをしなくなっていって、プロテを入れた鼻がすごく浮いてるような、『目立ってる、鼻!』みたいな顔になってしまって」と話したかねこさん。元々鼻が低いほうではないにもかかわらずプロテーゼを入れていたことで、目立つ鼻が「嫌になっていった」という。抜去したことを「やっぱり流行りとかで顔はいじるもんじゃないね」と振り返っている。

抜去の際、16歳の時に受けた二重の埋没も取ってほしいと医師に伝えたが、埋没は「ほとんどとれている」と伝えられたことも明かした。なお「やってよかった」と今でも思うのは「美容整形というより審美歯科の部類」としながら、歯並びをなおしたことだとしている。

かねこさんは、受けた施術が「抜去が出来るものでよかった」と話し「流行り廃りがあるので、メスを入れる整形は本当に考えてやったほうがいいと思います」と持論を展開。「歯以外は元の顔に戻して『やっぱこれでいいや』と思うようになりました」としつつ「加齢とともに顔が変わってくると思うので、その時は若返り的なことをする気がします」と話していた。