【AFP=時事】韓国を訪問中のカマラ・ハリス(Kamala Harris)米副大統領は29日、朝鮮半島(Korean Peninsula)を南北に分断する非武装地帯(DMZ)を視察した。韓国との同盟関係の重要性を示し、北朝鮮をけん制する狙いがある。

 北朝鮮は、ハリス氏の訪韓前に相次いで弾道ミサイルを発射し、異例のペースでの兵器の試験を続けている。

 ハリス氏は、非武装地帯の丘にある監視所で米韓両軍兵士の説明を受けながら、双眼鏡で北朝鮮側を観察。「とても近い」との感想を漏らした。

 同氏は、北朝鮮との軍事境界線がある板門店(Panmunjom)の共同警備区域(JSA)を訪れ、米主導の国連軍司令部(UN Command)の基地「キャンプ・ボニファス(Camp Bonifas)」の米兵と対話した。

 ハリス氏は非武装地帯で、「(米韓両軍兵士は)この地域の安全保障と安定を維持するため、協力して任務に就いている」と述べた。また、米国の韓国防衛に対する取り組みは「鉄壁」だと訴え、北朝鮮の兵器開発による脅威の高まりに対しても連携して対応していると指摘した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
米は台湾海峡で「ひるまず、恐れず」活動継続 ハリス副大統領
北朝鮮、ロシアへの武器輸出疑惑否定
北朝鮮、韓国の支援案を一蹴 「愚の骨頂」