【MLB】エンゼルス−アスレチックス(9月28日・日本時間29日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席で内野ゴロに全力疾走を見せるも惜しくもアウトとなった。一塁ベースを駆け抜けた大谷は手を上げながらセーフをアピールしたが、判定は覆らなかった。

【映像】大谷、際どいタイミングにセーフアピール

 初回に1点を先制され、追いかける展開となったエンゼルス。2死走者なしで打席に立った大谷はアスレチックス先発マルチネスが投じた3球目、ボール気味のチェンジアップを打つと、打球はピッチャーの足元を抜けていった。しかしこれがシフトの網にかかり、二塁ベース後方でショートがキャッチ。大谷も全力疾走を見せ一塁は際どいタイミングとなったが、判定はアウトとなった。

 アウトの判定に「ノー!ノー!」と大谷は手を振りながら猛アピール。その後ろで、スタンドのエンゼルスファンも一緒になってチャレンジを要求するようなアピールをする様子が現地中継では映し出されていた。結局、チャレンジはせず、判定が覆ることはなかった。現地映像で映されたスローリプレーでも大谷よりわずかにボールがグローブに収まるのが早かったように見え、ベンチも間一髪アウトだったと判断したようだった。

 ABEMAの視聴者からは「セーフっぽくは見えた」「半歩、遅いーーー」「アウトかー惜しいな」「だめじゃったか」と悔しがる声が見られたほか、「そのくらいのアピール必要でしょ」「当然のアピールやぞ」などセーフを主張した大谷に理解を示すコメントも見られた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)