9to5Macが、2022年10月に発表されると噂の新型iPad Proについて注目すべき4つの新機能や改良点に関する噂を取り上げています。

新型iPad Proに関する4つの噂

新型iPad Proは、Appleが2022年10月に開催するイベントで、iPad(第10世代)とともに発表されると噂されています。
 
ディスプレイサイズは引き続き、12.9インチと11インチになるとみられています。
 

MagSafe充電に対応

新型iPad Proは、背面パネルのAppleロゴがガラス製になりMagSafe充電に対応すると噂されていますが、iPhoneと同形式なのかは不明です。
 

ミニLEDバックライト搭載ディスプレイ

新型iPad ProにおいてバックライトがミニLEDになるのは、残念ながら12.9インチモデルだけのようです。
 
11インチiPad ProにミニLEDバックライトを導入しない理由としてアナリストのミンチー・クオ氏は、製造コストの高さを挙げています。
 
11インチiPad ProにミニLEDバックライトを導入した場合、販売価格を大幅に値上げする必要が生じるのかもしれません。
 

バッテリー駆動時間の改善

新型iPad Proでは、Magic Keyboardと組み合わせて使用する場合などのバッテリー駆動時間が改善され、これまでよりも長時間の使用が可能になると、9to5Macは伝えています。
 

搭載チップがM1からM2に変更

新型iPad Proに搭載されるシステム・オン・チップ(SoC)はM1からM2へと変更、性能向上が期待できます。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple hub/Facebook
(FT729)