iPhone14 Pro Maxのディスプレイ性能を、スマートフォンやカメラの評価で知られるDxOMarkが史上最高のスコアをつけ、高く評価しています。オーディオ性能は世界9位でした。

これまでで最も明るいディスプレイ

DxOMarkは、iPhone14 Pro Maxのディスプレイ性能とオーディオ性能を評価したレポートを公開しました。
 
iPhone14 Pro Maxのディスプレイスコアは149点で、昨年のiPhone13 Pro Maxの記録を更新しています。
 

 
屋外でのピーク輝度2,000ニトに引き上げられたiPhone14 Pro MaxのディスプレイをDxOMarkは「これまでテストした中で最も明るい」とコメント、屋外での視認性向上を評価しています。
 
ただし、明暗の差によるコントラストでは、最も暗い部分がiPhone14 Pro Maxは28ニトで、Samsung Galaxy S22 Ultraの19ニトに負けています。
 
また、ノッチを廃止しDynamic Islandに変わったことで、従来のノッチよりも表示の均一性が向上しています。
 

 
HDRコンテンツ再生時のコントラストもiPhone13 Pro Maxから改善しています。DxOMarkは許容の範囲内ながら、iPhone14 Pro Maxの表示はiPhone13 Pro Maxよりも若干黄色がかっている、ともコメントしています。
 
ビデオのフルスクリーン再生時には、Dynamic Islandの一部がコンテンツにかかってしまいます。以下2点の画像は、左がiPhone14 Pro Max、右がiPhone13 Pro Maxです。
 

 
また、一部のゲームアプリではDynamic Islandの表示に対応できていません。
 

 

オーディオは再生145点、録音135点

iPhone14 Pro MaxのオーディオについてDxOMarkは再生145点、録音135点と評価し、スマートフォン全体で9位と評価しています。
 

 
本体スピーカーでの再生時の音質についてDxOMarkは、暖かみがありクリアで、低音は豊かでパワフルと高く評価しています。
 
音楽再生、動画再生、ゲームプレイ時のいずれも、昨年のiPhone13 Pro Maxから小幅ながらも進化を遂げています。
 

 
ヒップホップとクラシック音楽を最大音量で再生して音圧を比較したところ、iPhone14 Pro Maxはヒップホップで74dBA、クラシックで71.1dBAと、iPhone13 Pro Max(ヒップホップ72.4dBA、クラシック69.5dBA)から向上しています。
 

 
録音性能について、ダイナミックレンジが広く、低音は響きすぎず、エレクトロニックミュージックのコンサートなどの大音量を録音する際に特に優れている、と評価しています。
 
風切り音低減はカメラでの録画時には効果が強いものの、メモアプリでの録音には比較的効果が弱い、とコメントしています。
 
DxOMarkのWebサイトでは、iPhone14 Pro Max、iPhone13 Pro Max、Samsung Galaxy S22 Ultraで、風速毎秒5メートル環境下で録音したサンプルを聴き比べることができます。
 
 
Source: DxOMark ディスプレイ評価, オーディオ評価
Photo:Apple
(hato)