マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、エバートンファンの少年の手を叩き、スマートフォンを破壊したとされる一件でイングランドサッカー協会(FA)から告発されたことが分かった。

ロナウドは今年4月9日に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第32節のエバートン戦の試合後、ピッチからロッカーに引き下がる際、通用口へとつながる通路でファンの少年の持っていた携帯を怒りに任せて叩き落とし、その場を去っていた。

この件は、周りのサポーターが撮影していた動画にハッキリと映っており、SNSで拡散され大事に。これを受け、同選手は自身のインスタグラムを通じて「僕の怒りが爆発してしまったことを謝罪したい」とすぐさま火消しに動くも、多くの批判を招いていた。

その後、マージーサイド警察が「暴行容疑」として関係者に聞き取り調査を実施するなど捜査をスタートした中、先月には警察から警告を受けていたロナウドだが、さらにFAから「不適切かつ/または暴力的行為」の問題で告発された。

FAは23日、「クリスティアーノ・ロナウドは、2022年4月9日に行われたマンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ対エバートンFC戦の後に起きた出来事により、FA規則E33違反で告発された。終了のホイッスル後のフォワードの行為は不適切および/または暴力的であったとされている」と、同選手の告発内容を説明している。

なお、FAによってロナウドの過失が認められた場合、警告や罰金、出場停止処分を受ける可能性があるという。