「毎回、こんなことを思うと疲れますね」 

【写真】タトゥーもチラッ…BoAの色っぽ過ぎるステージ衣装

デビュー22周年、あらゆる経験をしてきた歌手BoAも、一線を越えた悪質コメントに法的対応の方針を明らかにした。数多くのファンがBoAを応援し、強力な対応に支持を送っている状況だ。

9月21日、SMエンターテインメントはBoAに向けた悪質コメントと関連して「これは明白な不法行為であり、強力な法的措置の対象であり、当社は現状を座視せずアーティストの人格と名誉を保護するためにオンライン上で起きている不法行為に対してすでに資料を収集し、告訴を準備中」と明らかにした。

特にBoA側は「無寛容の原則の下に民事・刑事上の法的措置を取って厳重に対応する」とし、「合わせて当社は所属アーティスト保護のために継続的にモニタリングと法的措置を進めており、今後もこのような各種不法行為に対して強力な法的対応を継続する」と強調した。

(写真提供=OSEN)BoA

韓国芸能界で悪質コメントに対して強硬対応を繰り広げてきたのは、今回が初めてではない。韓国芸能界の悪質コメントの処罰の歴史を振り返ってみたい。

変化した悪質コメント投稿者への対応

 

2014年だけでも女優キム・ガヨンが悪質コメント投稿者80人を集団告訴し、2017年にはコメディアンのチャン・ドンミンが悪質コメント投稿者100人を一度に告訴して話題を集めた。当初、韓国芸能界で悪質コメントに対する対応は「無対応」が主だったが、それらの集団告訴を通じて「強硬対応」に雰囲気も変化し始めた。

実際に処罰を受けた有意義な判決事例もあった。

ガールズグループAOAの所属事務所FNCエンターテインメントは2018年6月22日、AOAメンバーのソリョンの合成写真を制作・流布し、これをソリョンのSNSに送って性的な羞恥心と嫌悪感を起こさせた悪質投稿者を告訴、起訴意見で検察に送致した。

(写真提供=OSEN)ソリョン

特に検察の調査の結果、ソリョンが自ら管理するSNSにメッセージを送って性的な羞恥心と嫌悪感を起こした悪質コメント投稿者たちの性暴力犯罪の処罰などに関する法律違反(通信媒体利用淫乱罪)、情報通信網利用促進および情報保護に関する法律違反(わいせつ物流布、不安感造成)容疑がすべて認められた。

彼らに懲役6カ月、執行猶予2年が宣告され、ガールズグループに向けた悪質コメントなどに対する法的処罰の基盤が用意された。

今年6月21日、歌手IU(イ・ジウン)の所属事務所であるEDAMエンターテインメントは、「IUに度を越えた侮辱と人身攻撃、および悪質な掲示物を常習的に掲示した加害者に対する証拠資料を収集し、法務法人の身元を通じて捜査機関に告訴を進めた。その過程で加害者を検挙するために捜査機関と共に長い間努力した末、加害者の身元を把握し、犯罪事実をすべて釈明した」とも明らかにした。加害者たちは懲役8カ月、執行猶予2年、180時間の社会奉仕および40時間の性暴力治療講義受講の判決を受けた。

(写真提供=OSEN)IU

注目すべき点は、これ以上“善処”はないという点だ。他の犯罪とは異なり、特に悪質コメント加害者の場合、大衆的なイメージが重要な被害者である芸能人の状況に善処を訴えるケースが一度や二度ではなかった。これに対し、処罰の判決を受けても奉仕活動などで善処するスターもいた。

しかし悪質な書き込みが根絶されることがなく、むしろ軽い処罰であるがゆえに一線を越えることが一度や二度ではないという基調に変わった。「善処のない不寛容」の一貫した対応こそが、悪質コメント対応方式の基本として定着したのだ。

それにもかかわらず、芸能人と悪質コメント投稿者の“銃声なき戦争”が終わることがなさそうな状況だ。依然として多くのスターが悪質コメント投稿者から受けた被害補償を受けるために、裁判を通じて有意義な判決を残してきた。ここに20年以上の芸能界のベテランBoAまで断固とした反応を見せている。

いまだに自らの行為の恐ろしさを知らない悪質コメント投稿者が多いが、彼らは認識しているのだろうか。誤った行動が自らの人生にバツ印をつけていることを。

(記事提供=OSEN)