前妻のタレント・あびる優(36)が申し立てた調停の末、一人娘Aちゃん(7)の親権を失った格闘家の才賀紀左衛門(33)。2021年4月に東京高裁があびるへの親権者変更を確定した後も“違法連れ去り”の状態でAちゃんと同居し、その生活ぶりを膨大な写真と共に自身のアメーバブログにアップし続けてきた。

【画像】“娘の投稿”を止めたあびる優の前夫・才賀紀左衛門


あびる(左)と娘のAちゃん(右)

 そんな才賀のブログに関して、今年8月、あびる側がアメブロを運営するサイバーエージェントに申し入れをした結果、サイバー社が才賀の投稿を規約違反と認定。本人に「(今後)Aちゃんに関する投稿をしないように」と通告していたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 あびると才賀は2014年に結婚。翌年にAちゃんが生まれたが、2019年に離婚。当初は才賀が親権を持った。しかし、離婚直後にあびるはAちゃんの親権者変更を求める調停を提起。2021年4月に才賀からあびるへの親権者変更が確定したが、才賀が引渡しに抵抗し、現在に至るまで“実効支配”する形でAちゃんとの同居を続けている。

 ところが、今年9月2日を最後にAちゃんの写真が突如、才賀のブログから消滅。9月5日以降の投稿では、Aちゃんの名前やあだ名に加え、「娘」などの表記も使用されなくなっている。その裏で、あびる側から申し入れがあったという。

 サイバー社の関係者が明かす。

「サイバー社は才賀さんの投稿を規約違反と認定。プラットフォームとして放置するわけにいかず、メールと対面で通告した」

通告後に才賀はブログを更新〈昨日からブログが色々制限がかかって…〉

 それを受け、才賀は9月7日に更新したブログで〈昨日からブログが色々制限がかかってしまったから家族の事とか書きにくい〉などと綴っている。

 あびるの代理人弁護士に聞くと、次のように語った。

「(才賀のブログにAちゃんの写真が掲載されていることの)許諾ないし黙認は、サイバー社による違法行為の助長になるため、8月にその旨申し入れました。過去の写真が残っているため、引き続き対応します」

 才賀本人にも質問事項を送ったが、期日までに回答はなかった。

 才賀のブログの何が問題だったのか。9月21日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」及び9月22日(木)発売の「週刊文春」では、弁護士が指摘する才賀のブログの問題点、才賀に浮上したある法律違反の疑惑、Aちゃんの“ブログ使用禁止”に追い込まれた才賀が新たに使い始めた“隠語”などを報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年9月29日号)