伊東所属のスタッド・ランスに3-0勝利、南野が1ゴール1アシスト

 フランス1部ASモナコの日本代表MF南野拓実が、現地時間9月18日のリーグ・アン第8節で日本代表MF伊東純也が所属するスタッド・ランスと対戦。

 後半途中から出場した南野が、リーグ・アン初ゴールを含む1ゴール1アシストの活躍で3-0勝利に貢献したなか、現地メディアは「南野が笑顔!」「美しいクロス」と報じている。

 伊東がスタメン出場し、南野はベンチスタートとなったなか、前半22分にランスDFブラッドリー・ロッコが退場。数的優位となったモナコは後半2分にMFアレクサンドル・ゴロビンのゴールで先制する。

 そんななか、後半20分から出場した南野が存在感を放つ。同42分にモナコが速攻を仕掛け、右サイドをフリーで駆け上がった南野にボールが渡ると、ドリブルで持ち上がった南野は相手GKとの1対1で流し込んでリーグ・アン移籍後初ゴールをマーク。さらに終了間際、自陣でボールを持った南野がドリブルで上がり、前方に正確なクロスボールを送ると、FWウィサム・ベン・イェデルがダメ押しゴールを奪った。

 フランスメディア「Foot National」は「モナコがランスを圧倒」と報道。1ゴール1アシストの南野について、「終了間際、南野拓実が守備の隙を突き、(相手GK)イェファン・ディウフの前に出ると、日本代表はリーグ・アン初ゴールを決めた。アディショナルタイムには南野が美しいクロスからキャプテンを見つけた」と絶賛した。ゴールに加えてアシストも高く評価しており、「ベン・イェデルと南野(拓実)が笑顔!」と触れている。

 移籍後はゴールを奪えずにいた南野だが、1ゴール1アシストと文句なしの結果を残して猛アピール。代表合流前に自らの存在価値を証明する形となった。(FOOTBALL ZONE編集部)