最近は男性においても、メイクや美容整形、脱毛をする人が増えてきていると聞きます。そこで、全国の15〜69歳の男性に美容について調査をしたところ、「メンズメイクをしている」と回答した人は1割でした。世代別では「20代」の約2割が最も多かったそうです。

【グラフ】「異性によくみられたい」「いつまでも格好よく」…男性が“美容行動”を行う理由は?(調査結果を見る)

株式会社クロス・マーケティングが、2022年8月に「美容に関する調査(2022年)男性編」と題して実施した調査で、15〜19歳(125人)、20代(250人)、30代(250人)、40代(250人)、50代(250人)、60代(250人)、計1375人に聞きました。

はじめに、「メンズメイクをしている人に対しての印象」を聞いたところ、「よい」(11%)と「ややよい」(41%)を合わせて52%の人が「よい」と回答。世代別でみると、「15〜19歳」が最も高く70%を占めていました。

また、「メンズメイクの関心度」については、「関心がある」(5%)と「やや関心がある」(16%)を合算して21%となり、20代、30代は3割前後と高めだった一方で、「自身がメイクをすることに対しての抵抗感」については「抵抗感がある」(27%)と「やや抵抗感がある」(26%)を合算して54%となり、特に50代、60代では6割以上と抵抗感が強い傾向がみてとれたそうです。

続いて、「メンズメイクの実施有無」について聞いたところ、90%の人が「全くしていない」と回答。「たまにしている」「毎日している」は1割に留まりました。なお、最も実施率が高い世代は「20代」の19%でした。

また、「メイク実施のきっかけ」は「特にない(なんとなく)」(35%)、「身だしなみとして」(33%)、「コンプレックスをカバーするため」(28%)という結果に。さらに、「普段使用しているアイテム」については、「化粧下地」(31%)、「リップグロス」(23%)、「BBクリーム」(21%)といった回答が上位に並びました。

次に、「直近1年間の脱毛経験」について聞いたところ、14%の人が「脱毛経験がある」と回答。世代別では15〜19歳、20代、30代の約2割が「脱毛経験がある」と回答していました。また、「脱毛部位」については、「ひげ」(61%)、「腕・手」(30%)、「脚・足」(29%)など、露出度の高い部位への施術が目立っていたといいます。

さらに、「美容への関心度」を聞いたところ、「関心がある」(5%)と「やや関心がある」(18%)を合わせて23%の人が「関心がある」と回答。世代別では15〜19歳、20代、30代において関心度は3割を超えていたそうです。また、「今後、行なってみたい美容行動」については、「脱毛」「運動をする」「ダイエット」などが挙げられたといいます。

最後に、「美容行動を行なう理由」を聞いたところ、「健康でいたい」(68%)、「異性によくみられたい」「いつまでも格好よくありたい」(いずれも54%)などが上位に挙げられました。世代別にみると「健康でいたい」は、30代以降の割合が7割前後と高く、「実年齢より若くみられたい」と「異性によくみられたい」は、30代と50代で半数以上となっていたそうです。