YouTubeで収益が得られるようになった男性の体験談とは(写真:kotoru/PIXTA)

「働かずに生きていきたい」「場所や時間にしばられず自由な人生を送る」

日々、仕事に追われながら、心の奥底にこのような夢や理想を描いている人も多いことでしょう。そのような中で、いま注目されているのが「FIRE」という考え方です。経済的自立を達成し、早期退職をして自由な人生を手に入れるという生き方です。

FIREの実現には、「株式投資で得られる配当金を不労所得として生活費にする」「生涯にわたって必要な資産を築き、退職後に切り崩す」という方法がありますが、投資家のぽんちよ氏が勧めるのは、「サイドFIRE」です。サイドFIREは、資産をある程度積み上げ、早期退職はするものの、退職後は「資産収入+労働収入」の組み合わせにより生活していくという方法です。

本稿では、ぽんちよ氏の新著『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』を一部抜粋し再構成のうえ、楽天せどりやYouTubeなどいろいろ試した副業が実りサイドFIREを達成した同氏の経験談をご紹介します。

ぽんちよ氏のプロフィール

□副業の内容
せどりから副業をスタートし、現在はYouTuberとして「【投資家】ぽんちよ」チャンネルを運営。ほかにブログやインスタでも発信。

□副業を始めたきっかけ
以前の職場でのストレスから、会社にしばられる生活から抜け出したいと思うようになり、サイドFIREに向けて副業で入金力をあげたかったため。

□副業歴
ポイ活、せどり(楽天せどり・海外輸入)、ブログ、YouTubeは3年目。

□生活の状況
ひとり暮らし。

□1カ月のおおよその生活費
20万円程度(事業経費を除く)。

□これからやってみたい副業
インスタや音声配信、ツイッターを通じて、ぽんちよとして発信力をつけていきたいと思っています。


会社員時代は仕事後に毎日ファミレスへ行き副業の時間にしていた(出所)『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』

学生時代にゲーム実況者に憧れて動画投稿をしたことがありましたが、このときは稼ぐことは考えておらず、純粋に「動画作成が楽しい」と思いながら動画を作っていました。

このチャンネルは学生生活が忙しくなって閉鎖しましたが、今から4年前にFIREするための副業としてブログを始め、ブログの内容を利用すれば低コストで動画が作れると思い、動画投稿をしたのが「【投資家】ぽんちよ」チャンネルの始まりです。


(出所)『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』

半年近く無収入で動画を投稿し続けた

しかしチャンネル登録者数を伸ばすことは想像していた以上に大変なことで、動画の再生回数が伸び始めたのが5カ月ぐらいたってから、金銭的に軌道にのるなと思ったのは1年ぐらいたった頃でした。それまで、半年近く無収入で動画を投稿し続けました。

私が続けられたのは、「動画作成が好き」「ブログで動画のコンテンツがあった」「YouTubeの難しさを学生時代に知っていた」などがあげられます。これがなかったら、すぐに挫折していたことでしょう。

投資というジャンルを選んだ理由は、「投資が好きだったから」、これにつきます。今の収入を思うと、このジャンル選択はよかったのかもしれませんが、最初からこのジャンルが稼げると思っていたわけではありません。

経験からわかったことは、「好き」を入り口にすることがとても大事だということ。好きなことは調べるのが苦にならないので、再生回数が伸びるまでのつらい時期も継続することができたのだと思います。

YouTube動画でどのようなジャンルを選ぶかを考えたとき、自分が好きなことが前提ではあるものの、副業として取り組むのであれば、エンタメ・おしゃれ系というよりは、役立つノウハウ系のほうが結果を出しやすいでしょう。というのは、エンタメ系は笑いの感性とか、その人自身の容姿など、スキルだけではどうにもならないことがあるからです。

また商品レビュー系も、一度その商品を買って試す必要があるので元手がかかります。資金力があるのならよいのですが、そうでない場合は元手がかからないテーマを選んだほうがよいでしょう。

再生回数がドッと増えた動画

私の場合、投資ジャンルといっても最初のうちは「家計簿公開」や「資産額公開」など、自分の思ったこと、好きなことを発信していました。しかしいっこうに再生回数が伸びませんでした。そんなときに作ったのが「楽天証券 スマホから株を買う方法解説」という動画で、これをきっかけに再生回数が増えていきました。

この動画が伸び始めてようやく気づいたことは、自分がしたい発信ではなく、投資初心者が知りたいことをわかりやすく解説した動画が伸びるのだということ。これを転機に人に役立つ発信を考えるようになり、「【投資家】ぽんちよ」チャンネルはどんどん再生回数を伸ばしていきました。

もうひとつ軌道にのったきっかけがあります。それは、これまで作り続けてきた動画のストックができてきたことです。ひとつだけいい動画があっても、チャンネル登録者は増えません。有益な動画が5つぐらいあると、「あ、この人の動画いいな」となり、チャンネル登録につながる可能性が出ます。継続して動画を作成し、コンテンツを増やしていくことが大切です。


(出所)『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』

私の動画は、パワーポイントでスライドを作り、ダビンチリゾルブ(DaVinci Resolve)という無料の動画編集ソフトで編集をしています。基本的に原稿は作らずに、スライドを見たら話せるようなスライド作りを心がけています。パワーポイント作成に4時間、動画編集に1時間半程度かけて、1本の動画を仕上げています。

学生時代のノートパソコンを使い、パソコン内蔵マイクで音声を収録していたので、初期投資なしでチャンネルを運営し始めました。その後、収録用に1300円程度のマイク付きヘッドホンを購入しましたが、初期の費用はこの程度です。高価な機材をそろえずに、最初はスモールスタートをおすすめします。

私は無料の動画編集ソフトでスタートしてよかったと思います。一方で、YouTubeで収入を得るのが目標だけれど、YouTubeでの収益化は遠い道のりでもあります。動画を作成していくうちに動画編集の技術も身につくので、その過程でクラウドワークスなどで動画編集を請け負って稼ぐなら、Adobe PremiereProなどを使っておくと稼ぎ場所が増えるのでおすすめです。


(出所)『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』

つねに改善を繰り返して歩みを止めない

YouTubeで収益が得られるようになった今、大事だと思っているのは、より人の役に立つ動画を考え、常に改善を繰り返していくことです。

現在はYouTubeがメインですが、ほかにブログや音声配信アプリ「Voicy(ボイシー)」でも発信をしています。さらに今後はInstagramやTwitterも含め、ぽんちよの発信コンテンツすべてで収益を出していきたいと考えています。


(出所)『めざせサイドFIRE! 個人で生きぬく副業入門』

これからYouTubeを始める人へ

動画を作るにあたって大切なことは、「徹底的にほかのチャンネルを見て、分析をしましょう」ということ。サムネイルであったり、動画内容であったり、どんな動画が伸びているのか、トレンドをしっかりチェックし続けることが、YouTuberにいちばん大事なことだと思います。私もほかの人の動画を制作者の視点で見て、どのようなコンテンツが伸びているのか確認しています。


「ネタがないんです」という声もよく聞きますが、自分で「これは動画にならない」と思い込んでいないでしょうか。もしネタに困ったら、自分のジャンルのハウツー本を何冊か読み込み、その内容を動画としてわかりやすく解説するだけでコンテンツになります。本で調べたいと思っている人がいるから書籍になっているわけで、それを動画で知りたいと思う人も必ずいるはずですから。

私はYouTubeを初めてからこれまでに400本の動画を作り、約2500時間を動画作成に費やしてきました。今まではチャンネル登録者が34万人に達しましたが、このストック型ビジネスはすぐに成果が出るものではありません。とにかく歩みを止めずに継続することが大事です。

(ぽんちよ : 投資系ユーチューバー)