マルセイユ戦で13年ぶりにCLの舞台に、3バックの中央で安定感抜群プレー

 ドイツ1部フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、現地時間9月13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2戦のマルセイユ(フランス)戦でフル出場し、1-0の勝利に貢献。

 今季初スタメンながらも、安定感際立つプレーぶりが反響を呼び、「カタールW杯で見たい」「是非代表に」と、代表復帰待望論まで上がっている。

 38歳の長谷部はアウェーで行われたマルセイユ戦で、ヴォルフスブルク(ドイツ)時代以来、13年ぶりにCLの舞台に立った。38歳238日でのCLスタメン出場は、ドイツクラブ所属のフィールドプレーヤーとしては、元ドイツ代表の“闘将”ローター・マテウス氏(38歳353日)に次いで史上2番目に高い年齢での先発出場という偉大な記録まで打ち立てた。

 その長谷部は、3バックの中央で盤石なプレーを披露。鋭い読みでピンチの目を摘み、前半23分に迎えた相手の決定機の場面では、ゴール前にクロスを放り込まれた局面でゴール目前の間一髪クリアも見せた。リーグ戦では直近4試合で出番なしという状況だったにもかかわらず、欧州最高峰の舞台で安定感抜群のパフォーマンスを見せたその働きぶりに、国内では反響が広がっている。

 この一戦を中継したWOWOW公式YouTubeチャンネルでは、長谷部のプレーシーンに改めて再注目。コメント欄には「凄すぎる」「日本人として誇らしい」「異次元すぎる」「最高のレジェンド」といった賛辞が上がったほか、「カタールW杯で見たい」「是非代表に」「代表に必要」「代表呼んでほしい」とA代表復帰待望論まで飛び出し、欧州トップレベルで奮闘するベテラン戦士の働きぶりに喝采が送られていた。(FOOTBALL ZONE編集部)