マスク生活が続くなか、スキンケアに力を入れる方が増えてきました。特に家から出ない休日は、お肌のためにノーファンデで過ごす方も多いのではないでしょうか?
ファンデーションをつけない方がお肌にいいと思われがちですが、実はファンデーションの役割は本来、外気の汚れや刺激からお肌を守ることなのです。
マスクを付けることが当たり前になり、マスクの下はノーファンデにして美肌を目指したい!と思っている方こそ、ファンデーションはお肌を守るための必須アイテムなので付けることをおすすめします!
今回は、ノーファンデによる肌への影響と、お肌を守るためのファンデーションの選び方をご紹介します。

ノーファンデはお肌にいいの?
出典:byBirth

ノーファンデは肌に負担をかけないので、お肌にいいと思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、肌老化の80%は紫外線によるものと言われており、紫外線防止効果のあるファンデーションをしっかり塗ってカバーした方が、お肌を守ることに繋がるのです。

では、なぜファンデーションが肌に悪いと思われているのでしょうか。それは、クレンジングの刺激や成分が肌に負担をかけているため、ファンデーションをすると肌の調子がよくないと感じる場合が多いのです。

そのため、ファンデーションは肌に悪いといったイメージが強くなってしまいます。

クレンジングが肌に与える影響とは

クレンジングは、メイクの汚れだけでなく毛穴の角栓や黒ずみなども落としてくれるので、メイクをする上で必要なアイテムです。

しかし、油分の力でファンデーションを落とすので、肌にとって必要な皮脂も落としてしまうデメリットもあります。

また、メイクをしっかり落とそうと肌を擦りすぎてしまうことも、肌トラブルの原因となります。肌への摩擦は乾燥やシミ、シワの原因となるので注意しましょう。

とはいえ、肌にメイクが残留することも負担となってしまうので、クレンジングを使用する場合は使い方や成分を見直す必要があります。

お肌を守るファンデーションとは
出典:byBirth

ファンデーションを残留させることなく、優しく洗い上げるのは難しいと感じますよね。その場合は、クレンジングを使わないタイプのファンデーションがおすすめです。

クレンジングを使用せず、肌の負担を避けてファンデーションをする場合は、洗顔料で落とせるファンデーションがあります。お肌を優しく守りながら、カバー力が高いアイテムも増えているので、おすすめの洗顔料で落ちるファンデーションをご紹介します。

洗顔料で落とせるオススメファンデーション

ナチュラグラッセ メイクアップ クリームN

30g 3,080円(税込)

出典:byBirth

下地とファンデーション、日焼け止めなど5つの機能を兼ね備えたクリームタイプのファンデーション。自然由来の成分でありながら、SPF44・PA+++と紫外線対策もできるので外出の際にも安心です。

素肌がキレイに見えるような仕上がりなので、塗った感のないナチュラル素肌を目指したい方におすすめ。

ETVOS ミネラルコンフォートクリームファンデーション

12g 4,400円(税込)/12g(パフ付) 5,060円(税込)

出典:byBirth

伸びがよく、軽いつけ心地のクリームファンデーション。美容成分を配合し、潤いを与えながら肌ツヤを演出してくれます。

カバー力がありながらも石けんで落とせるので、シミや毛穴、色むらなど素肌のお悩みがある方におすすめ。

&be ファンシーラー

4g 3,850円(税込)

出典:byBirth

ファンデーションのような伸びの良さと、コンシーラーのカバー力を兼ね備えたファンシーラー。クマやシミ、ニキビ跡、毛穴など悩みに対して2色づかいでカバーできる優れもの。

ベージュとオレンジで立体感を与えながらもナチュラルに仕上がります。カバー力もあり、ナチュラルに仕上げたい方におすすめ。

イマドキ女子はラフな素肌を見せる

洗顔料で落とせるファンデーションは、ナチュラルで使いにくいと感じる方もいるかと思います。しかし、お肌を守るファンデーションにすることは美肌を育てることに繋がります。

素肌に自信が持てると、ナチュラルメイクからしっかりメイクまで選択肢が広がるので、素肌を活かしたメイクも楽しめるようになりますよ。そのためには、ファンデーションの選び方が大切になります。

また、お肌のためにファンデーションをやめていた方も、お肌のためにはファンデーションが必要ですので、美肌を守るために付けてみてはいかがでしょうか。