2発目は2死走者なし、カウント2-0から…

■ヤクルト 6ー3 DeNA(26日・横浜)

 セ・リーグ2位のDeNAは26日、本拠地・横浜スタジアムで行われたヤクルト戦に3-6で敗れ、球団記録を更新中だった本拠地・横浜スタジアムでの連勝が「17」でストップした。打撃3部門でトップの村上宗隆内野手に食らった2打席連発が痛恨だった。首位のヤクルトとの差は5ゲームに。試合後、三浦大輔監督は珍しく口をつぐんだ。

 両軍無得点で迎えた6回、先発の大貫晋一投手が無死一、二塁のピンチを背負い、村上に史上最年少の通算150号となる先制右越え46号3ランを被弾。2番手の宮國椋丞投手もオスナに14号2ランを浴びた。その裏には、代打・戸柱恭孝捕手の3号ソロ、4番・牧秀悟内野手の21号2ランで2点差に追い上げる。ところが7回、3番手の三上朋也投手が、2死走者なしの場面で村上にカウント2-0から、右翼席へ47号ソロを運ばれた。

 村上に喫した2本塁打のうち、ランナーが詰まっていた1発目はともかく、2発目に関しては四球で歩かせても……と思われる場面ではあった。三浦監督は試合後、1発目については「しんどい場面で、攻めた結果」としたが、2発目には「コメントはないです。あの場面については、ないです」と怒りを押し殺した。

「(首位ヤクルトとの)3連戦の初戦を取れなかったのは、確かに痛いが、これまでやってきたことは間違っていない。選手が力をつけているのは間違いない。自信を持って、取り返せるように、この悔しさをぶつけられるようにやっていきたい」と三浦監督は視線を明日に向けた。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)