10月からテレビ朝日系の人気シリーズの最新作「相棒season21」がスタートするが、今月4日に発売された「週刊新潮」(新潮社)から、同シリーズの主人公・杉下右京を演じる水谷豊の「初の語り下ろし自伝」の連載がスタートした。

 新シリーズは、主演を務める俳優の水谷豊扮する主人公・杉下右京の初代相棒で寺脇康文演じる亀山薫が5代目相棒として再登場し約14年ぶりにコンビが復活。そして、女優の鈴木砂羽は亀山の妻・美和子役で登場していたが、亀山夫妻も再登場することになった。

 連載で水谷は寺脇について、「相棒」がいつ終わるか分からないとしながら、寺脇について『最後の相棒になるのは間違いありません』と宣言。

 ​>>「水谷さんの前で…」反町隆史、スタッフが驚く態度も“永久相棒”に指名されていた?<<​​​

 そして、これまで、寺脇以下、及川光博、成宮寛貴、反町隆史の4人が右京の狒衙性瓩鯡海瓠劇場版4作が製作されたが、水谷によると、反町が狒衙性瓩隆屬法⇔鯊紊劉狒衙性瓩鯀完集めて映画を作ろうとしたが、コロナの影響で実現せず。

 しかし、水谷は『番組が終わるまでにはやりたいね、という話になっています。映画ならみんなを集める話ができるし』と構想を明かした。

 「これまでの4作は、作品を重ねるごとに興行収入がダウンしてしまっている。しかし、水谷さんの口ぶりだと、映画が最後の『相棒』になりそうで、それならばファンが劇場に続々と足を運びそうで、これまでで最高の興収を記録するのでは。いずれにせよ、水谷さんが『相棒』の狃活瓩貌った」(テレ朝関係者)

 先ごろ発売の「女性自身」(光文社)によると、劇中で水谷演じる右京がティーポットを高い位置に構えてカップに紅茶を注ぐ場面はおなじみ。

 水谷は寺脇の緊張をほぐそうと気遣っているそうで、休憩中、劇中では肩ぐらいの高さなのに、大げさに頭の上ぐらいから入れてみせ、初期からの注ぎ方を知っている寺脇も笑い、場が和んだというのだ。

 いずれにせよ、水谷の連載での発言は注目を集めそうだ。