Apple関連のリーク情報に精通したBloombergのマーク・ガーマン氏によると、Appleは現地時間の2022年9月7日(水)に新型の「iPhone 14」を発表し、さらに翌週の9月16日(金)に同iPhoneを発売する予定だそうです。

Apple (AAPL) Targets Sept. 7 for iPhone 14 Launch in Flurry of Devices - Bloomberg

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-08-17/apple-targets-sept-7-for-iphone-14-launch-in-flurry-of-devices

iPhone 14 event rurmoed for September 7 - 9to5Mac

https://9to5mac.com/2022/08/17/iphone-14-event-date-2/

ガーマン氏が事情に詳しい関係者から入手した情報によると、Appleは9月7日に新型iPhoneとなる「iPhone 14」を発表するためのイベントを開催する予定のようです。Appleはこのイベントの中で、複数の新しいMac、ローエンドとハイエンドのiPad、Apple Watchの3つのモデルも同時に発表する予定であると、ガーマン氏は指摘しています。

なお、AppleにとってiPhoneは売上の半分を占める主力製品です。以下のグラフは2021年のAppleの売上の内訳を示したグラフ。iPhoneは同社の売上の52.5%を占めています。

発表が予定されているiPhone 14シリーズは、標準のiPhone 14がiPhone 13に似ており、5.4インチの「mini」は廃止されることになるとガーマン氏。廃止されるminiに代わり、Appleは6.7インチの新モデルを追加することになるとのこと。これによりAppleは「Pro」という名前がついていないiPhoneで、初めてディスプレイサイズの大きなものをリリースすることとなります。

また、AppleはiPhone 14 Proでディスプレイ上部にあるノッチ(切り欠き)部分をホールパンチディスプレイに変更することを計画しているとガーマン氏。この他、Appleはより高速なチップをiPhone 14 Proに搭載することを計画しており、iPhone 14ではiPhone 13と同じA15 Bionicを搭載することになると予測しています。

この他、ガーマン氏はiPhone 14 Proの最も重要な変更点としてカメラシステムを挙げています。iPhone 14 Proのトリプルカメラには12メガピクセルの超広角カメラ、12メガピクセルの望遠カメラ、48メガピクセルの広角カメラが搭載されており、Appleは動画撮影およびバッテリー寿命の改善も計画しているとガーマン氏は指摘しています。

また、2022年に発売されるApple Watch Series 8では、女性の健康に目を向けた機能や体温センサーが搭載されることになるとのこと。標準モデルはひとつ前の世代であるApple Watch Series 7とよく似たものになると思われますが、新しく登場することが予測されているProモデルでは、よりスポーティーな消費者をターゲットにしていると報じられています。このApple Watch Proではディスプレイの巨大化、より頑丈なチタン製ケース、新しいフィットネストラッキング機能、より長いバッテリー寿命などが実現されるとのこと。この他、2022年にはより高速なチップを搭載した新しいApple Watch SEも登場するとガーマン氏は予測しています。

Apple Watchのラインナップにハイエンド向けの「Apple Watch Pro」が登場か、ディスプレイの巨大化&チタン製ケースで進化 - GIGAZINE

消費者がインフレと不安定な経済に対処するにつれ、スマートフォンの売上は伸び悩みつつあります。しかし、Appleは同業他社よりもスマートフォンの売上が好調で、サプライヤーに需要の落ち込みを予測していないと通達しています。

Appleは毎年9月に新型iPhone発表イベントを開催しており、通常、iPhoneとApple Watchなどの新製品を発表してきました。Appleは通常、新型iPhoneの発表から約1週間半後に同端末を発売しており、2022年もこのパターンを採用することになるのではとガーマン氏は予測しています。そして、情報筋によると一部の小売店に勤める従業員は9月16日の主要な新製品のリリースに備えるよう通達されているとのこと。

なお、Appleは2022年もオンライン形式での発表イベントの開催を予定していますが、Bloombergの問いかけに対してAppleの広報担当者はコメントを控えています。ガーマン氏は「発表まであと約3週間の猶予があることを考えると、発表および発売の計画は変更される可能性が十分あります。ただし、Appleは毎年新型iPhoneを9月前半に発表しています」とも語りました。