NetflixのiOS向けアプリのコードから、Netflixが2022年〜2023年内にリリースする予定の「広告あり低価格プラン」では、オフライン環境で視聴するためにあらかじめ映画やドラマをスマートフォンやタブレットにダウンロードする機能が使用できないことが判明しました。

New Download rules for Netflix with Ads

https://www.thetapedrive.com/p/new-download-rules-for-netflix-with

Netflix’s Ad-Supported Plan Will Block Downloads of Shows, Films (NFLX) - Bloomberg

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-08-17/netflix-s-ad-supported-plan-will-block-downloads-of-shows-films

Netflixは2022年第1四半期(1月〜3月)の決算発表で、過去10年間で初めて有料会員数が減少したことを発表。HBO MaxやHuluといった競合ストリーミングサービスですでに提供されている「広告ありの低価格プラン」を提供する予定であることも発表しました。

会員数減少に苦しみ株価急落中のNetflixは「広告有りの低価格プラン」を2022年中に導入することを目指している - GIGAZINE

開発者のスティーブ・モーザー氏によると、NetflixのiOS向けアプリのコード内に、広告ありプランについて言及するテキストが見つかったとのこと。テキストからは「広告エクスペリエンスを設定しましょう。Netflixで最も関連性の高い広告を確実に表示するには、いくつかの詳細な設定が必要です」と、広告を最適化する設定が存在することが判明。

また、Netflixはあらかじめ見たい映画やドラマをデバイスにダウンロードしておくことで、飛行機内や電波の届かない場所など、オフライン環境でも映像コンテンツを視聴することができますが、iOS向けアプリのコードには「Netflix with Adsを除く全てのプランでダウンロードが可能です」と書かれていたとのこと。この「Netflix with Ads」が広告ありプランの名称とみられ、広告ありプランでは映像コンテンツを事前にダウンロードできないことが示唆されているとモーザー氏は主張しています。

さらに、モーザー氏が経済紙のBloombergに語ったところによると、コードには「ユーザーが広告をスキップすることができない」ことも示されていたそうです。広告再生中は、映像視聴時に表示される一時停止や音量調節などのコントロールインターフェースが非アクティブ化される模様。

モーザー氏の報告を受けて、BloombergはNeflixにコメントを求めましたが、Netflixはコメントを控えているそうです。記事作成時点では広告ありプランのリリースまで数カ月あるため、プランの詳細は今後変化する可能性があるとBloombergは述べています。