米国資本が入り名門として強化、ローマ全チームのトレーニングウェアにロゴ

 イタリア1部の名門ASローマに日本の自動車メーカー、トヨタ自動車が新たなスポンサーになることが発表された。

 トップチームから女子チーム、ユースチームまで、ローマ全チームのトレーニングウェアにロゴが入るという。

 ローマには韓国の自動車メーカーである現代自動車がスポンサーだったが、2020年夏に新オーナーとなった米国資本のフリードキン・グループは、米国内の5つの州でトヨタの販売総代理店を務めている。その関係での意向を汲んでの契約が結ばれたという。

 契約は2年間で、3年目の延長オプションが付帯。総額は約200万ユーロ(約2億8000万円)だという。トレーニングウェアのロゴだけでなく、ローマに対して車両の提供も保証されているとした。

 ローマのトップチームは名将ジョゼ・モウリーニョ監督が率い、今季の新加入ではアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが目玉。さらに女子チームには、昨季まで浦和レッズレディースでプレーしたなでしこジャパンDF南萌華が加入している。

 米国資本が入り名門として徐々に強化が進んでいるローマだけに、好成績が残ればトヨタのロゴが入ったウェアでの報道も増えていきそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)