Googleが2022年8月15日(月)に「Android 13」を正式リリースしました。Android 13は、まずGoogle純正スマートフォン「Pixelシリーズ」を対象に配布されるとのこと。Android 13で追加される新機能や日本語環境向けの改善についてGoogleが解説していたので、まとめてみました。

Lucky number Android 13: The latest features and updates

https://blog.google/products/android/android-13/

Android Developers Blog: Android 13 is in AOSP!

https://android-developers.googleblog.com/2022/08/android-13-is-in-aosp.html

機能と API の概要  |  Android デベロッパー  |  Android Developers

https://developer.android.com/about/versions/13/features

◆ユーザーごとの最適化

Android 13では、Android 12で採用されたデザイン概念「Material You」が強化されており、アイコンや壁紙の色を統一できます。さらに、アプリごとの言語切り替えにも対応しており、「このアプリは日本語、こっちのアプリは英語で使う」といったことが可能です。

また、快適な睡眠を手助けするために、自動的に画面を黒基調のダークテーマに切り替えたり、画面を暗くする機能も搭載。加えて、音楽の再生に伴ってシークバーが踊るように動く新設計のメディアプレイヤーも搭載されます。

◆セキュリティ

Android 13では、各アプリに対してアクセス可能な写真&ムービーを個別に指定できるようになります。また、メールアドレス・電話番号・ログイン関連情報などをコピーした際は、一定時間経過後にクリップボードの内容が削除されるとのこと。これにより、クリップボードから個人情報を盗み取られるリスクが抑えられます。

◆デバイス間の連携

頭の動きをトラッキングする機能を搭載したヘッドフォンと連携することで、頭の動きに合わせて360度から音を感じ取れるようにする「空間オーディオ」を楽しめます。また、Chromebookとの連携も強化され、スマートフォンのメッセージアプリでのやり取りをChromebookで引き継げるようになります。

他にも、複数のデバイスでクリップボードを共有して「スマートフォンでコピーしたテキストをタブレットで貼り付け」といった動作が可能になったり、Bluetooth LE Audioへの対応によって複数端末で同一ソースの音声を楽しんだりと、デバイス間の連携機能が大幅に強化されています。

◆言語サポートの改善

これまで、Androidに日本語文章の折り返し処理を実行させると、単語の途中で折り返してしまうことがありました。新たに、TextViewに「android:lineBreakWordStyle="phrase"」という属性が追加され、単語を認識して自然な位置で折り返し処理を実行できるようになりました。また、文章内検索を行う際に、これまでは「ひらがなを入力して、漢字に変換して、検索」という動作が必要でしたが、新たなテキスト変換APIを用いることで、「ひらがなを入力した時点で検索を実行」という高速な検索が可能となります。

◆リリース日

Android 13は2022年8月15日(月)よりPixelシリーズ向けの配信が始まっています。また、2022年後半にはシャープ・ソニー・ASUS・HMD・iQOO・Motorola・OnePlus・Oppo・Realme・Samsung・Tecno・vivo・XiaomiといったメーカーのスマートフォンもAndroid 13に対応する予定です。