この記事をまとめると

中古車市場で見つけたら大穴な「ハズシ」モデルをピックアップ

■攻めたキャラクターだった故に時代を先取りしすぎたとも言え不発に終わった傾向にある

■機能や使い勝手に不便はあまりない場合が多いので個性を求めるユーザーにはオススメだ

人と違うクルマが欲しいなら「これで決まり!」な穴場モデル

 世の中には美しい、カッコいいと言われるクルマが数多くありますが、だからといってバカ売れするとは限らないようです。ステキなデザインや斬新なコンセプトが仇となり、1代限りでディスコン(消滅)になってしまったクルマも少なくないのです。もっとも、発売当時は売れずとも、あとになってお宝扱いというケースもあるわけですから、ちょっとした「大穴バイヤーズガイド」的にご紹介してみましょう。

マツダ MPV(初代)

 だいたいヒトは理解の限度外や未経験なものに対し、拒絶する傾向にあるそうです。マルチ・パーパス・ビークルと、コンセプトというか使い道そのものを車名とした初代MPVは、アメリカでこそ好評を博したものの、国内ユーザーはミニバンというスタイルに「???」だったようです。

 SUVなんて言葉が生まれるずっと以前、1990年デビューですから無理もないかもしれません。また、今思えばUS標準に等しいボディサイズが「ウチの車庫には大きいかなぁ」と感じさせたのも売れなかった遠因かと。もっとも、同時代にデビューした「デカくて、広い」初代エスティマはバンバン売れまくってましたからね。一方で9年間も生産され続けたのは大健闘といえるでしょう。端正な6ライト、V6エンジンを納めたショートノーズ、現在のマツダデザインにも通じるふくよかなフェンダーラインなど、普遍的な美しさもあるだけに、いいタマがあったら狙うべきクルマでしょう。

トヨタ・プログレ/ブレビス

 小さな高級車という路線を狙い、購買層と予想した中高年むけにデザインされたプログレ、そのカジュアルラインというべきかアッパーラインとして登場した兄弟車のブレビス。いずれも自動車業界では支持を受けたものの一般的には「不発」に終わり、どちらのメイクスも1代限りで終了。メルセデス・ベンツのCクラスに似すぎているといった声もありましたが、ボディを5ナンバーに収めつつディテールをしっかり煮詰めたスタイル、プロポーションはドイツ製セダンよりずっと手の込んだ仕上がりだったかと。

 また、インテリアや質感の高さも特筆すべきポイントで「わかっている」業界人はそこらをきちんと評価していたものです。

 が、悲しいかな前述のMPV同様、小さな高級車という新しい売り文句は受け入れられなかったのでしょう。ターゲット層は軒並みレクサスやクラウンへとなびいてしまい、スタイルだけでなく使い勝手もいいはずなのに売れなかったのです。今なら、よくできたモケットシートに、白いレースのショルダーカバーをつけて、「祖父の代から乗り続けてます」なんて顔するのがグッときそう。

 あるいは、プログレをあえてのマニュアル、ドリフト仕様にカスタムして「上品スピード」を気取るというのも「わかっている」感マシマシかと。

いま売り直せばヒットしそうな気がしないでもない

ホンダ HR-V

 これまたカッコよかったのに、販売は大苦戦してました。一見するとシンプルなスタイリングですが、腰上・腰下の絶妙なセパレーションによってクロスオーバー的な車体をじつにコンパクトかつ、あか抜けて見せることに成功していた気がします。シャシーはいろいろと共有されていたものですが、おかげで小まわりが利き、4WDだって選べたのですから、街からアウトフィールドまで幅広く活躍できたことでしょう。

 なのに売れなかったのは何故か。

 巷では、より実用的な5ドアの投入が遅すぎた(3ドアの1年後)などと言われてますが、じゃあ5ドア版が「実用的で、カッコよくて、しかもお手頃価格!」とグイグイ売れたかというと、そうでもありません。的外れもいい加減にしろって感じですが、じつのところはライバル、しかも強力な競合相手がいたからではないかと。トヨタRAV4やスバル・フォレスター、さらには身内となるホンダCR-Vなどしっかりしたクロスオーバーがぞろぞろいるわけです。そう考えると、HR-Vのカジュアルさがユーザーの目には「中途半端」と映ってしまったのかもしれません。

 ともあれ、海外ではHR-Vの名前が続いているので、カタログ作りに携わった身としては浮かばれる思いですけどね。3ドアで柿の実みたいなオレンジ、CVTがヤレてないタマがあったら本気で欲しい1台です!

ルノー・アヴァンタイム

 アヴァンタイムは、ルノーのミニバン「エスパス」をベースにした2ドアクーペ。と紹介しても、実物をご存じない方には全然ピンとこないはず。ミニバンの大きさ、似通ったスタイルなのに、デカめのドアが2枚だけってのはあとにも先にもこのクルマだけでしょうね。ちょうど、エスティマのドアがふたつだけになり、2列5人乗りにしたといえば雰囲気は伝わるかと。

 で、ルノーは販売だけでして、設計開発は「マトラ」の手によるもの。古くはF1やグループCカー、果ては航空宇宙産業にまで手を広げていた同社ですから、やることが変わっているというか、振り切れてるというか、ね。それゆえ、売れなかったのは日本国内だけでなく、フランス本土でも同様だったみたいです。生産台数は1万台に及ぶことなく、2年でもって生産終了。日本国内への正規輸入はそれでも200台を数え、フレンチブルーミーティングなどフランス車マニアの間ではお宝として珍重されています。

 キワモノだったから売れなかった、そう考えるのが無難でしょうが、こういうキレがあるクルマが売れないというのは「ちょっと悲しい」ですよね。ぜひとも、クルマの世界での多様性も認めていただきたいものです。

アルファロメオ・ステルビオ

 プレミアム戦略下におけるアルファロメオの主力となるはずだったステルビオも、ご承知のとおり目を覆わんばかりに売れてません。前評判も高く、上陸当初は実車をひと目見ようとプレミアムカーのオーナーたちがこぞって駆け付けた! にもかかわらず売れない。一説によれば、先進安全デバイスが足りないとか、快適装備に遅れがあるとかなんとか。とはいえ、他社のトップレンジSUVのように至れり尽くせり、安全万歳にすれば売れるかと問われれば、それも違うでしょう。

 やはり、ステルビオにしてもジュリアにしてもアルファロメオって絶好のブランドを活かしきれてないのです。なんたってヘビがヒト食ってるエンブレムなんだから、もっと、こうブチあげてくれないとね。マセラティのおさがり使うなんて「アルフィスタ」とやらが喜ぶはずもないでしょう。FRシャーシの開発にしたって、普通のメーカーがやってることと違いがあるわけじゃなし。全部が全部、4Cみたいなクルマにしろとは言いませんが、少なくともあれは売れましたからね。少数とはいえ「完売」ですよ。

 そういうファクターほっぽらかしにして、赤いだけのSUV作ろうが、古臭いFR作ろうが、何百年かかっても「売れない」に決まってます。パンプアップして速くなろうが、タイヤサイズ鬼デカにしようが、アルファのバッヂを活かせなければ、カッコだけミラネーゼ、つまり張り子のトラ同然。早いとこ子供だましから卒業して、これまでのレガシーにふさわしいクルマを作ってほしい、筆者をはじめ、そう願っている方は決して少なくないことでしょう。