大谷翔平26号に見せた敵投手の反応とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に「2番・DH」で先発し、26号ソロを含む4打数1安打1打点だった。チームは延長11回で5-3のサヨナラ勝ち。中堅フェンスをギリギリで越えた大谷の一撃に、被弾した右腕は中堅手が捕ったと勘違いしていた。事実を知った瞬間の動画を米記者が公開した中、敵地実況席も「入ったのか?キャッチした?」と“騙された”状態だった。

 0-3の8回2死走者なし。大谷は真ん中付近のカーブをかっ飛ばした。相手右腕ジョアン・デュランは、フライアウトをアピールするかのように右手を上げた。フェンス手前で中堅手がジャンプ。グラブに収まったようにも見え、デュランは両手を挙げてガッツポーズした。しかし、柵越えを知って頭を抱え、悔しそうな表情を浮かべた。

 勘違いしたデュランのリアクションの動画を、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のツインズ番アーロン・グリーマン記者がツイッターに公開。日本人ファンも「天国→地獄」と注目していたが、敵地実況席も同様だったようだ。

 米ミネソタ州の地元放送局「バリー・スポーツ・ノース」の実況ディック・ブレマー氏は「センター方向に高く上がりました。フェンス付近。これは入ったのか……? 彼はキャッチした? いや、ホームランです。デュランは(バクストンが)キャッチしたと思ったようです」と困惑気味にコメント。解説のグレン・パーキンス氏も「凄く高く打ち上がりました。バクストンは位置についてから時間がありました。捕ろうとしたのですが」と振り返っていた。

 この回から登板したデュランは後続を抑えて1失点。大谷にだけ一発を許した。勢いに乗ったエンゼルスは9回に2得点で同点。延長11回にウォードがサヨナラ2ランを放って逆転勝ちした。

(THE ANSWER編集部)