08年に新庄氏が記録した145キロ超え、四国独立リーグ徳島の始球式で達成

 プロ野球の始球式世界最速記録が徳島で誕生した。12日、独立リーグの四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの本拠地試合(愛媛マンダリンパイレーツ戦)で行われた始球式に、早実、早大などで投手として活躍した28歳・内田聖人さんが登板。150キロをマークし、徳島のファンの度肝を抜いた。

 阿波踊り真っ只中の徳島。JAアグリあなんスタジアムで投じられた1球に球場がどよめいた。早実野球部の後輩、徳島・吉村優投手の背番号16のユニホームを着た内田さんは、思い切り腕を振り抜く。唸りを上げるような白球は捕手のミットへ。電光掲示板に表示された球速は150キロ。直前のウォーミングアップで152キロを計測しており、少し悔しげな表情を浮かべたが、大きな拍手に応えた。

 内田さんは早実で2年夏に甲子園出場。早大1年春に全国優勝などを経験し、在学中に150キロを記録。社会人野球のJX-ENEOSから米独立リーグ挑戦を経て、25歳で19年に現役引退した後は指導者に転身。ピッチングストラテジストの肩書きで活動し、自らを実験台にしたトレーニング理論を発信している。

 主宰するオンラインサロン「NEOREBASE」には、ソフトバンク・千賀滉大ら現役プロ選手も多数参加し、話題を集めている。引退後、最速は硬式154キロ、軟式155キロにまでアップ。現在もトレーニングを積んでいるとはいえ、驚きの記録であることに違いはない。

 球団は日本ハム・新庄剛志BIGBOSSが現役引退後の2008年に36歳で記録した145キロのプロ野球世界最速に挑戦する企画として実施。内田さんが社会人野球時代に同僚だった谷田成吾氏が球団代表を務める徳島に招かれた。昨年も同様の挑戦を予定していたが、雨天により試合中止。今年は見事に記録を達成した。

(THE ANSWER編集部)