10日に10勝目を挙げ、ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打

 エンゼルス大谷翔平投手の“歴史的偉業”から一夜。その興奮はまだまだ収まることはない。MLB公式が「ショウヘイがフィールドに登場するたびに歴史を作っているように思える。日本人歴代本塁打2位(118本)。ア・リーグ/ナ・リーグの歴史上で2人目となる2桁勝利&2桁本塁打(ベーブ・ルース以来)。自己最多奪三振数(157)」と称えると、次々に反応が寄せられた。

 大谷は9日(日本時間10日)のアスレチックス戦に投打同時出場。6回無失点でメジャー初の10勝に到達し、1918年ベーブ・ルース(当時レッドソックス)以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打となった。さらに25号ソロを放ってメジャー通算118本塁打となり、イチローを抜き日本人歴代2位に浮上。記録ずくめの一戦だった。

「偉人大谷翔平」「彼は国宝」「彼が史上最高の選手」「彼にお金を払おう、エンゼルス」「同じ時代を生きてて本当に良かった 凄すぎる」とファンは改めて歓喜。米スポーツ局「ESPN」の人気番組「スポーツセンター」も2桁勝利&2桁本塁打の快挙を伝えると「オオタニが断然球界No.1の選手だ」「彼は史上最高だ」といったコメントがあった。(Full-Count編集部)