いきつけのコンビニのレジに、普段見かけない店員が立っている――あなたの周りでもそんな機会が増えているかもしれない。労働問題が取り沙汰されておよそ3年、コンビニの「働きかた」は少しずつ変わり始めていた。

 ***

【写真】スポットワークの“ちょっと変わった”募集画面

「3日後の深夜シフトに急な病欠がでてしまって。慌てて募集したら2時間で応募があり、助かりました」

 と語るのは東京都心で複数のセブン-イレブン店舗を経営するコンビニオーナーだ。

 通常コンビニのアルバイトは、店舗が直に働き手を募集し、曜日や時間を固定したシフト制で雇うかたちをとる。一方、このオーナーがいう“募集”とは、決められた特定の日時にだけ働ける超短期の働き手を求人するもの。

「15日間だけ働きたい」バックパッカーを雇えたワケ(イメージ)

「うちの店舗の時給は1100円ですが、この時は急ぎだったので、時給を1500円まで上げて募集しました。応募は複数あって、支払う交通費を考えて、お願いする人を決めました。千葉から来る方で片道1時間かかりますが、ご本人が希望していたので」

 こうした「スキマ時間」をコンビニで働く「スポットワーカー」が増えているという。

“雇って失敗だった”のリスクも減

 日雇い派遣とは異なり、いわゆる仲介業者はなく、店舗と応募者が直接雇用契約を結ぶのが特長だ。今回取材に応じたオーナーが利用しているのは「ショットワークスコンビニ」というサービス。コンビニ勤務経験のある求職者が登録すると、人手のほしい店舗とマッチングされる仕組みだ。

「いくつかプランが用意されていますが、うちの場合は3万円の月額をサービスに支払い、月に60人まで応募を受け付けることができます。店舗を任せている店長からの要請を受けて、その都度、募集する形ですね。普通のやり方でアルバイトを集めるとなると、求人サイトなどに登録する必要があり、一人あたりだいたい5万円のコストがかかります。でも“5万円もかけてこの人材か……”と思う結果になることも少なくなく、すぐ辞められてしまうことも。未経験者だとゼロから仕事を教える必要もあります。その点、マッチング経由であればセブン-イレブンの勝手を知っている経験者が来てくれる。どこの店舗でどれくらいの勤務経験があるか、過去の遅刻歴なども加味して採用できるわけです」

 競合するサービスとしては他に「Timee」「LINE スキマニ」がある。店舗が払う利用料が月額ではなく利用者に払う日給の3割だったりといった違いはあるが、同様の仕組みのようだ。

「『Timee』の場合、店側が応募者を精査するわけではなく、強制的にマッチングされる仕組みです。こっちのほうが手間が無くて使い勝手がいい、というオーナーさんもいますよ」

15日だけ勤務希望

 働く側の事情はどうか。先に紹介した例では千葉県からの応募だったが、過去には関西からの応募もあったといい、

「バックパッカーの方で、15日間だけで働きたいということでした。滞在先のホテルからの交通費もいらないということだったので採用しましたよ。ほかには大学の授業の合間にだけ働く学生さんがいて、この人はほぼ毎週働いてくれています。そういう方にはこちらも50円くらい時給をプラスしてあげて、また来てくださいね、というやりとりをします」

 ショットワークスコンビニを運営する株式会社ツナググループHCによると、サービスの開始は2016年。コンビニに特化したサービスでは同社が初の試みだったという。

「首都圏でスタートし、現時点ではチェーン問わず全国4500店舗以上にご利用いただいています。やはり急な欠勤対応、またはレギュラー勤務の働き手が確保できない店舗様のご利用が多いですね。弊社ではコンビニ以外のスポットワークに対応したサービスを行っておりますが、全体を見ると35歳までの方が利用者の半数を占めています」

 かねてより人手不足が叫ばれていたコンビニ業界。コロナ当初こそ「働く場所を失った飲食関係の方が押し寄せた。1応募に80人が来たこともあった」(先のオーナー)というが、現在はふたたび人手不足状態に戻りつつあるという。頼みの綱だった留学生はまだ戻ってきていない。そうした状況でも気軽に働けるスポットワークが重宝されている部分はありそうだ。

コンビニのレジ打ちが「スキル」に

 店長としてローソンでの勤務経験がある、マーケティングアナリストの渡辺広明氏は次のようにいう。

「20年前の初めてのバイト先といえば、ファーストフード店かコンビニが一般的でした。仕事が楽だからというのがその理由ですが、いまや荷物の発送や収納代行なども担うコンビニの業務は複雑化し、働く側から敬遠されつつあります。ただしマニュアル化された業務でもあるので、一度慣れてしまえば、同じチェーンであればどの店舗でもレジに立つことができる。その点で、コンビニの勤務経験が全国どこでも通用するスキルとなりえる、スポットワークはユニークですね。私は現場視察を兼ねてレジに立つことが今もあるのですが、だいたい1カ月もすれば品出しをふくめ一通りの仕事はできるのではないでしょうか」

ただし課題も…

 ただし、その店舗に慣れていないスポットワーカーではカバーできない業務も当然ながらある。先のオーナー氏がいう。

「『これ置いていますか?』といった品ぞろえの問いあわせ対応は難しい。だから店にスポットワーカーの方がひとりだけ、という状況は作らないよう、ベテランの従業員と組んでもらっています。また同じチェーンでもレジ袋や箸の置き場所が店によって微妙に異なり、たまに戸惑われる方もいます。あとはうちの店はタバコを扱うので、タバコのある店舗に勤務したことがある人しか雇えません。仮にスポットワーカーの方がなにかトラブルを起こし、後日、お客様からクレームを頂いても、平謝りするしかない。本人はもう店にいないわけですから」

 先の渡辺氏も次のような課題をあげる。

「立地に左右されてしまうサービスではありますね。店が密集し働き手となる人口が多い都市部では需要と供給がマッチしますが、そうでない地域では、募集をかけてもうまく集まらないのでは。『ウーバー』の配達員が地方では少ないのと同じです。また、スポットワーカーは通常のアルバイトよりも雇用コストがかかります。採算ラインがギリギリの店舗で気軽に利用することは難しく、結局、欠勤などの穴を今いる従業員や店長で補う必要は出てきてしまう。コンビニ本部が補助をするような仕組みがあるといいですね。それと個人的には、ごく短い勤務が当たり前になると、お店の『チーム』感が薄れるのも気になるところ。愛店精神といいますか、働き手の良いお店にしたいという思いが、利用する側が気持ちよく買い物できることにも繋がるわけです。精神論で、時代錯誤の考え方かもしれませんが……」

 平日に仕事のあるビジネスパーソンが、土日の“副業”としてコンビニに立つ、なんて利用もあるという。新しい働きかたの行方に注目である。

デイリー新潮編集部