JR東日本東京支社は24日、鉄道開業150年と常磐線開業125周年、常磐線(快速)・成田線を乗務する我孫子運輸区の設立10周年を記念し、乗務員の仕事内容を学べる日帰り旅行商品「B.B.BASEで行く 常磐・成田線の旅 夏休み自由研究号」を8月6日に運行すると発表した。

成田線を走る「B.B.BASE」(提供 : JR東日本東京支社)

「B.B.BASE」の車内(提供 : JR東日本東京支社)

発車ベル体験のイメージ(提供 : JR東日本東京支社)

車内放送体験のイメージ(提供 : JR東日本東京支社)

「B.B.BASEで行く 常磐・成田線の旅 夏休み自由研究号」では、「B.B.BASE」(209系6両編成・自転車の積込みは不可)を団体専用臨時列車として特別に運行し、上野〜成田間を常磐線・成田線経由で往復しながら、車内放送体験や駅の発車ベル取扱い体験など「乗務員のお仕事体験」をはじめ、記念撮影会・クイズ大会などのイベントを我孫子運輸区の乗務員と楽しめる。

大人(18歳以上)・こども(小学生)を含む2〜4名1グループで参加でき、旅行代金は大人(中学生以上)8,800円・こども(小学生)6,800円。JR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」ウェブサイトにて、6月29日13時からインターネット限定で申込みを受け付ける。