「少しでも想像してほしい」性被害裁判の伊藤詩織さんが訴え

ざっくり言うと

  • 実名で性被害を訴えた伊藤詩織さんが25日の東京高裁判決後、会見した
  • 「これが自分の近い人に起きたらと、少しでも想像してほしい」と言及
  • 裁判では、性被害者が泣き寝入りしない社会にしたいと繰り返し主張した
提供社の都合により、削除されました。概要のみ掲載しております。