群馬県は、陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備されている輸送機のオスプレイが12月以降に榛東村の相馬原駐屯地で飛行訓練を行うと防衛省から説明を受けたことを明らかにしました。

県によりますと、12月以降に飛行訓練を行うのは、千葉県の陸上自衛隊木更津駐屯地に暫定配備されている輸送機・オスプレイです。

榛東村にある陸上自衛隊の相馬原駐屯地に飛来し、飛行場や地面が舗装されていない区域で離着陸訓練などを行い、木更津駐屯地まで戻るということです。

陸上自衛隊は今年8月に茨城県小美玉市にある航空自衛隊百里基地の上空への飛行訓練を行っています。

山本知事は「県民の不安を払拭するための適切な情報発信を要請した」などとするコメントを出しました。

オスプレイの木更津への暫定配備は、去年7月に始まり、防衛省は5年以内を目標として佐賀県の佐賀空港への最終的な配備を目指しています。