副業には手を出したほうがいいのか。Webマーケターで副業情報サイト「副業コンパス」を運営する國富竜也さんは「副業は収入アップとやりがいの両方が手に入る。低コストで始められて、習得に時間がかかり、資産化する仕組みをつくりやすいものがいい」という――。

※本稿は、國富竜也『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/takasuu
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

■副業を選ぶときの条件とは

本業だけでは、人生100年時代を乗り切ることが難しくなった現代。「副業」は、収入アップとやりがいの両方を手に入れる手段といえます。

では、副業はどのように選ぶといいのでしょうか。そのポイントは、次の3つです。

・初期費用が安く、低コストに取り組めるリスクが低い仕事
・習得に時間がかかる仕事(時間を費やした分だけ知識やスキルが積み上がっていく)
・自分が働かなくても稼げる仕組みをつくりやすい仕事

ここに留意して、オススメの副業を9つ紹介していきましょう。

■副業1:一定程度頑張れば不労性が高い「ブログ」

「ブログ=Webサイト」とイメージすればいいでしょう。

ブログで稼ぐ方法は、「Googleアドセンス」と「アフィリエイト」の大きく2つに分けられますが、稼ぐブロガーの多くは、アフィリエイト(企業の商品やサービスを紹介し、そこから購入申込みが入ったら報酬がもらえる仕組み)で稼いでいます。

ブログで稼ぐということは、会社の社長になるのと同じイメージです。会社が儲かるのは、社長の代わりに何人もの社員が働き、効率よく収益が入る仕組みがあるからですが、ブログも同じです。「記事」が「社員」ということです。ブロガーが記事を書けば書くほど、ブログの記事数は増えますが、それは社員が増えるのと同じです。

現在はドメイン代も無料ですし、レンタルサーバー代も月1000円程度というケースも多く、「初期費用はないけど長期的な視点に立って稼ぎたい」という人に向いています。

【向いている人】
「初期費用をあまりかけたくない」「緊急にお金が必要ではない」「長期的に見て利益を得たい」「思考を整理したり、考えたりするのが好き」という人

■副業2:書くことが好きなら「Webライティング」

ネット上に掲載する記事を書くのがWebライターの仕事です。

企業や個人など依頼主が指定したジャンル、内容、条件に沿って記事を書いて報酬を得ます。ネット広告の文章、企業の商品紹介記事、企業のWebサイトに掲載する記事、大手出版社などが運営しているビジネス系記事などです。

ネットで求められる文章力は、書籍や専門雑誌のような専門的で知的な文章より、大勢にわかりやすい平易な文章ですから、書くことが好きな人に向いています。

初心者がWebライターになる方法を3つのステップで紹介すると、

.ラウドソーシングに無料会員登録する
記事の書き方を勉強する
5事の仕事を受注して納品する

です。

クラウドソーシング(ランサーズやクラウドワークスなど)はインターネット上で仕事を受注し、期限までに納品すればお金を稼げるシステムです。

初心者でも一定期間、勉強すればライティングスキルを身につけることができますから、すぐにある程度稼ぐことが可能です。

【向いている人】
「低リスクに稼ぎたい」「自分が稼働した分、報酬がほしい」「文章を書くのは好き」という人

■副業3:高単価な案件が多い「プログラミング」

プログラミングで副業に適しているのは、Web制作です。簡単に言えば、ホームページをつくる仕事です。

企業や個人などからの依頼に対し、希望や条件をヒアリングし、コーポレートサイトやランディングページなどを、依頼主の目的に沿うように作成します。

Web制作の仕事の流れは依頼によって異なりますが、まとめると次のようになります。

〔笋す腓錣
▲ライアントのニーズをヒアリング
デザイン制作
ぅ魁璽妊ング
ゥ轡好謄犢獣
Ε機璽弌爾縫▲奪廛蹇璽
Дライアントに納品
報酬が振り込まれる

副業プログラミングで稼ぐステップをおおまかに挙げると、「制作実績を2、3つくる」「友人・知人から案件を獲得して実務経験を積む」「クラウドソーシングで営業する」となります。

最初の3〜6カ月の勉強期間中(100〜500時間)に、営業で利用する制作実績を2つ、3つつくればいいでしょう。学習手順としては、ノーコードでサイト制作できるようにしてから、元来のコーディングを勉強していくといいでしょう。

写真=iStock.com/scyther5
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/scyther5

プログラミング未経験者は制作実績がないので、最初の案件獲得がいちばん大変ですが、スキルさえ身につければ、月5〜30万円は安定的に稼ぐことができます。

【向いている人】
「専門性の高いスキルを身につけてキャリアの幅を広げたい」「安定的に月5〜30万円稼ぎたい」という人

■副業4:ニーズと汎用性が高い「Webデザイン」

Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などから依頼されたWebサイト全体のUI(ユーザーインターフェイス)デザインや、サイト内で利用するバナーなどの制作です。

仕事の流れは、4の「プログラミング」と同じです。

デザインスキルだけではなく、コーディングスキル、ディレクションスキル、マーケティング知識などを掛け合わせることができれば、自分の価値を高めることができ、さらに収入を上げることが可能です。

最大のメリットは、未経験者でも始められ、スキルや営業力などを磨けば磨くほど収入を上げられる点です。

少しずつでも実績を積み上げながら営業力をつけていけば、将来的に明るい副業となるでしょう。Webデザインはあくまで課題解決手段の1つですから、クライアントの立場に立ち、コミュニケーションを通して、デザインで課題解決することが必要です。

【向いている人】
「コミュニケーションや問題解決が得意」「それを形にするためのデスクワークが苦にならない」という人

■副業5:あらゆることを仕事にできる「YouTube」

YouTubeでお金を稼ぐ場合、「投稿した動画の直近12カ月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数1000人以上」など一定の条件をクリアし、審査に通らなければなりません。それでやっと広告収入を得ることができます。

広告収入以外に、ヾ覿醗瞳錙↓YouTubeチャンネルメンバーシップ、自社商品の販売、などで収入を得ることが可能です。

YouTubeで直接商品を販売することができれば、広告費もかからず仲介業者も不要なため、コストを抑えて収益を上げることができます。

最大のメリットは、あらゆることを仕事にできる点でしょう。本業で得た知見、自分の趣味や好きなことで得た知識、打ち込んでいること、日常生活での気づきなど、あらゆることを仕事につなぐことができます。

基本的には、スマホ1台とPCさえあれば初期費用を抑えて始めることができます。

【向いている人】
「コツコツ続けるのが得意」「比較的時間の余裕がある」「発信したい内容がある」という人

■副業6:スキマ時間を使ってすぐに稼げる「動画編集」

動画編集はYouTubeだけではありません。クラウドソーシングによって募集される企業のサービス説明動画や、イベントのダイジェスト制作、社内向け教育動画の制作など、幅広くあります。

これらの仕事は、リファラル(推薦・紹介)やコンペ、クラウドソーシング、TwitterなどのSNS、またオンライサロンなどでよく募集しています。

写真=iStock.com/twinsterphoto
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/twinsterphoto

初心者が始める際に用意するものは、PCのほかに月額2500〜5000円もしくは1万〜5万円ほどの買いきり動画編集ソフトのみです。技術を学べば学ぶほど単価が上がっていき、効率化も工夫もソフトの使い方次第で変わってくることも、動画編集がオススメできる点です。

【向いている人】
「ものを創造することが好き」「根気がある」「要領がいい」という人

■副業7:需要が急増中のYouTubeの「サムネイル制作」

YouTube動画の顔となるサムネイル(画像)をデザイン・制作する仕事です。

YouTuberから依頼を受け、動画の内容を魅力的に表現できる画像を制作します。仕事を得るためには、自分が好きなYouTuberや得意ジャンル、好きなジャンルのYouTuberに直接メールなどで営業し、案件を獲得していくのがいいでしょう。

未経験からYouTubeサムネイル制作で稼いでいくには、次のようなステップがオススメです。

Photoshop、Illustratorの初心者向け教本を購入、最低限の使い方を勉強する
1カ月間、毎日1枚トレースの練習
オリジナル作品を数点制作し、営業用の簡単なポートフォリオ制作
すイなYouTuberにSNSやメールで営業して案件を受注、納品する

学習や練習期間が約1、2カ月、そこから2、3カ月くらいは月5万を目標に稼ぐ努力をしましょう。現在もYouTube需要が右肩上がりのため、制作案件にも困らないという点が大きなメリットです。

【向いている人】
「こまかい作業が得意」「長い目で見て大きく稼ぎたい」という人

■副業8:誰でも手軽に取り組める「Webバナー制作」

國富竜也『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法』(KADOKAWA)

Webバナー制作とは、Webページ上に掲載される商品の紹介をするバナー(画像・広告)をデザイン・制作する仕事です。

企業から依頼を受け、商品を魅力的に表現する画像をつくります。Webバナー制作で稼ぐためのステップは「YouTubeのサムネイル制作」とほぼ同じですが、「受注、納品」はクラウドソーシングになります。

先に紹介した「YouTubeのサムネイル制作」より難易度は少々上がりますが、比較的高単価で制作時間も短く、時給がよいという点がWebバナー制作のメリットといえるでしょう。ある程度のセオリーに従って制作すればいいため、専門性も特に高くないのが特徴です。

【向いている人】
「こまかい作業が好き」という人

■副業9:クリエイティブ力で差をつける「ライブ配信」

スマホやPCを利用して、アプリやWebサイトでリアルタイムに視聴者と話し、視聴者からのアイテム購入による投げ銭やサービス提供者からの時間給で報酬を得る仕事です。

提供会社、また、もちかけられる人によって条件は異なるため、自分に合った報酬額であれば納得できる仕事です。

メリットは、スマホやPC1台から配信できるため初期費用もかからず、場所を選ばずスキマ時間にできる点です。

【向いている人】
「人と接することが好き」「人前に出るのが好き」「自分自身に強い関心がある」「自信を高めたい」「エンタメが好き」「研究熱心」「スター性がある」という人

----------
國富 竜也(くにとみ・りゅうや)
Webマーケター 副業情報サイト「副業コンパス」運営
立教大学理学部を卒業。新卒で三井住友信託銀行へ入社した後、Webマーケティング会社に転職して編集長を務める。銀行員時代から始めた副業ブログでは、「副業コンパス」というサイトを運営し、わずか2年半で副業月収8桁を達成。現在は、副業コンパスを運営する傍ら、大手レンタルサーバーのメディアに対するSEOコンサル、メディア事業の立ち上げサポート、企業への投資などを行う。副業やブログに関する有益な発信をしており、ブログは月15万人、ブログに関するメルマガの購読者は1万人、twitterフォロワーは8万人を超える。
----------

(Webマーケター 副業情報サイト「副業コンパス」運営 國富 竜也)