俳優の神尾楓珠が、27日放送のフジテレビ系バラエティ番組『人志松本の酒のツマミになる話』(毎週金曜21:58〜)に出演。自身が冠する“国宝級イケメン”の称号が「すごい嫌なんですよね」と告白した。

神尾楓珠

“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールの下、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う同番組。松本人志、千鳥(ノブ、大悟)がMCを務め、神尾、菊地亜美、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、馬場園梓がゲスト出演した。

神尾はこの日、「バラエティーに出ると“国宝級イケメン”と言ってくださる。それ、すごい嫌なんですよね」と告白。「ハードルが上がるし、オープニングで『国宝級イケメンの神尾楓珠です!』ってキャッチーだから皆さん言ってくださったときに『いや、違います』なんて言えない。場が円滑に進まなくなるから。しょうがなく『よろしくお願いします』とやってたらSNSで『なんでコイツ受け入れてんだよ』となった」と話した。

松本は「たしかに、俺もSNSより早く思っちゃった」と納得。さらに、芸能界に入ったきっかけを問われて神尾が「自分で応募したオーディション」だと答えると、松本は「絶対(自分のことを国宝級イケメンだと)思ってるやん。自分から煽ってきてるやん」とツッコんだ。

神尾はまた、他人のアドバイスについて「自分が必要だと思ったら聞きますけど、これは俺と感性や感覚が違うなと思ったら聞き流す」と明かし、「アドバイスされるのが好きじゃない。『ご飯連れてってくださいよ』みたいなこともあんまり言えない。この人と行ったら『どうせアドバイスされて終わるんだろうな』と思って。『売れるためには』とか『役作りはこうするのがいいよ』とか。大体こういうことが言いたいんだろうなと思ったら『つまり、こういうことですよね?』と言って終わらせちゃう」とあけすけに語った。

さらに「芸能活動始めるときにオーディションに受かって、事務所に入ったとき、事務所の方に『色々勉強したほうがいいよ』とおすすめ(作品)を渡してもらった。1個も見てない」と暴露。相手に内容を確認されたらどうするのか聞かれると、「パッケージの裏のあらすじを見て……」と話し、松本らを驚かせた。