このほど小学校へ向かっていたスクールバスが、1人の男によって乗っ取られる事件がアメリカで発生した。乗っていた18人の子ども達を無事に守った運転手が称賛を浴びたが、運転手が話したところによると子ども達は好奇心から犯人を質問攻めにし、うんざりした犯人は運転手や子ども達全員をバスから降ろして逃走を図ったという。『CBS News』などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

米サウスカロライナ州リッチランド郡にて今月6日、18人の子どもを乗せたスクールバスが、アメリカ陸軍の訓練施設「フォート・ジャクソン(Fort Jackson)」に所属する訓練生ジョヴァン・コラーゾ(Jovan Collazo、23)によって乗っ取られた。

当時バスを運転していたケネス・コービンさん(Kenneth Corbin)は、こうした緊急事態の対応について訓練を受けていた。ジョヴァンがバスに乗り込む前、マニュアル通りにバスに乗らないように2度の意思表示をしたが、武器を取り出したジョヴァンが乗り込んでしまったという。

ケネスさんは「とにかくジョヴァンを刺激せず、子ども達の安全を第一に考えていました。そして『この町を出ろ』とジョヴァンに言われたので、そのままバスを走らせました。『どのくらい時間がかかるのか』など聞かれましたね」と当時を振り返っている。

そしてジョヴァンは車内に子ども達がいることに気付き、全員を前方の席に集め、目の届く範囲に座らせた。しかしこれがジョヴァンの計画を狂わせてしまった。

ジョヴァンの近くの席に座った子ども達の年齢は明かされていないが、状況をあまり理解できていなかったようだ。普段と違う日常に好奇心を抑えられなかった子ども達は、「あなたは軍人さんなの?」と質問し始めたという。

子ども達の純粋な眼差しを見たジョヴァンは、ためらいながらも「ああ、そうだよ」と答えた。一方で「なんでこんなことしてるの?」という質問には無言だったという。

その後も子ども達に「僕たちを傷つけようとしているの?」と問われて「そんなことはしないよ」と答えたり、「じゃあ運転手さんを傷つけるの?」と聞かれて「傷つけないよ」と返すなど一問一答を繰り返した。

次から次へと来る質問に答えていたジョヴァンだったが、さすがにうんざりしてしまったようで「君たちはバスから降りてもらう」と伝えたそうだ。

ケネスさんは当時の様子をこのように明かした。

「ジョヴァンは恐らく、子ども達がまだまだ質問してくるだろうと思ったんだろうね。もしくは何かが心に響いたのか、『もうたくさんだ』と言って、私に『バスを停めてさっさと降りろ!』と指示したのです。」

バスを走らせてから6キロほどしか進んでいなかったが、ジョヴァンは子ども達の質問攻めに合い、イライラが限界に達してしまったようだ。

近くにバスを停めさせて子ども達全員とケネスさんを降ろすと、バスをそのまま運転して別の乗り物や新しい服などを手に入れるために近くの家を回ったそうだが、捜索していた警察官に見つかり逮捕された。またジョヴァンが所持していたライフル銃に、銃弾は入っていなかったと報じられている。

事件後、ケネスさんのもとには全国の学校から感謝状が届いたと言い、その勇敢な行動を称えるために警察官や同学区の関係者が集まって式典を開いたそうだ。

ケネスさんは、メディアのインタビューに「大切な子ども達を無事にバスから降ろすためには、何でもするつもりでいました。でも子ども達は、私のことを守ろうとたくさん質問をしているように感じたのです。だから私は子ども達のことをヒーローと呼んでいますよ」と語っており、子ども達の行動を称賛した。画像は『People.com 2021年5月21日付「Bus Driver Says Soldier Who Allegedly Hijacked Bus Full of Kindergartners Grew Weary of Students’ Questions」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)