ズボラさんでもできる! はじめての断捨離(R)/まやかしワード編

「いつか使うかもしれない」と思うとモノが捨てられない……。そんな心当たりがある方は多いのではないでしょうか。一般財団法人「断捨離(R)」代表のやましたひでこ先生は、捨てられない人にはある共通点があるといいます。片付けのスピードを止めてしまう3つの「まやかしワード」とは?

※「断捨離(R)」はやましたひでこ個人の登録商標であり、無断商業利用はできません

TJ MOOK『ズボラさんでもできる! はじめての断捨離』を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00〜18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

まやかしワード1「でも・だって」

今必要ないモノに「いつか」はきません!
「でもいつか使うかもしれないし」「だって買ったばかりだし」と、「でも・だって」という言葉が出てくる人は、未来への不安が先走り、処分することができない「未来不安型」の人。日用品の過剰なストックが典型です。こういった「でも・だって」を理由にとっておくモノは、結局使いませんし、もしなくて困ったとしてもまた買い足せばいいだけのこと。本当にないと困るモノには「でも・だって」なんて言葉は出てきません!

まやかしワード2「とりあえず・なんとなく」

“先延ばし根性”が窒息部屋のはじまり
「とりあえず捨てないでおこう」「なんとなくあったほうがいいかな」と、「とりあえず・なんとなく」という言葉で判断や決断を保留する人は、考えることから逃げている「現実逃避型」の人。これは自分ではなくモノが主軸になっている証拠です。せっかくの自分の空間、自分のモノなのに、考えることをやめればどんどんモノは増えていくばかりです。「とりあえず・なんとなく」とっておいたほうがいいモノなんてないのです。

まやかしワード3「せっかく」

過去にすがっても未来はきません!
「せっかく買ったし……」。買ったのに1度も袖を通していない服の断捨離の際によく聞く言葉です。「せっかく」という言葉が出てくる人は、「過去執着型」。モノに対する未練が強くて、もう手に入らないかもという思いが判断や決断を鈍らせます。ですが、今の世の中でもう2度と手に入らないモノなんてほとんどありませんし、洋服だって、買って1度も着なかったモノをこれから着ることなんてほぼゼロパーセントです。

まやかしワードを逆手にとる!「この言葉が出てきたら捨てる!」

こういったまやかしワードは「捨てたくない」という人の心理から出てくる言葉。ならば、それを逆手にとってしまいましょう。この3つの言葉が出てきたら、それは「残したいモノ」ではなくて、「捨てるのに躊躇しているモノ=捨てていいモノ」と判断しましょう。そうしたら、驚くほど断捨離が進みますよ!


このコンテンツの監修者は……一般財団法人「断捨離(R)」代表 やましたひでこ先生

一般財団法人「断捨離(R)」代表 やましたひでこ先生

【PROFILE】
一般財団法人「断捨離(R)」代表
学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片付け」に落とし込み応用提唱。誰もが実践可能な「自己探訪メソッド」を構築。
断捨離は人生を有機的に機能させる「行動哲学」と位置づけ、空間を新陳代謝させながら新たな思考と行動を促すその提案は、年齢、性別、職業を問わず圧倒的な支持を得ている。
『断捨離』をはじめとするシリーズ書籍は、国内外累計500万部を超えるミリオンセラー。アジア各国、ヨーロッパ各国において20言語以上に翻訳されている。

※「断捨離」はやましたひでこ個人の登録商標であり、無断商業利用はできません

(抜粋)TJ MOOK『ズボラさんでもできる! はじめての断捨離』
監修/やましたひでこ

TJ MOOK『ズボラさんでもできる! はじめての断捨離』
監修/やましたひでこ

編集・ライティング/藤田都美子
イラスト/Nobby

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 詳しくはこちらをクリック
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00〜18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX