向かってきたファウルを素手で掴んだ実況アナが注目の的に

 米大学野球の試合で、実況席に飛び込んだ打球を片手キャッチしたアナウンサーに注目が集まっている。左手を前に突き出し、「パチン!」と音を立てながらも素手で掴んだ実際の映像を米メディアが公開。現地の野球ファンからは「手、痛いだろうな」「かっこいい」などと驚きの声があがってる。

 見事なキャッチだ。16日(日本時間17日)に行われたNCAA(全米大学体育協会)のテキサス工科大とウエストバージニア大の試合。打者がバックネット方向へファウルを打ち上げた。すると画面が切り替わり、実況席にいたアナウンサーが映し出された。おもむろに左手を前に出すと、なんと飛んできた打球を「パチン!」と素手で見事に掴んだ。

 ボールを掲げ、誇らしげにしているのはテキサス工科大のラジオ実況アナウンサー、ジェフ・ハクストン氏。観客からも喝采を浴びている。実際の映像を米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」公式ツイッターが公開。「なんてキャッチだ! 実況席ブースで伝説的な素手キャッチ」と文面で伝えた。

 米大リーグ(MLB)などではなかなか見られそうにないワンシーン。投稿された動画は170万回以上再生されるなど大注目を浴ており、米国の野球ファンからは「大爆笑」「年間最高キャッチ」「レジェンド級」「かっこいい」「ゴールドグラブ賞」「手、痛いだろうな」「クレイジーだ」「フレーミングもやっている」などと反響が寄せられている。(THE ANSWER編集部)