人種差別運動「ブラック・ライブズ・マター(BLM)」が再燃し、世界的に広がるきっかけとなった黒人男性ジョージ・フロイドさんの死からおよそ1年。

フロイドさんを地面に押さえつけ、膝で首を圧迫して死亡させたとして起訴されていた元警官のデレク・ショービン被告に、有罪の評決が下されました。

事件が起きたミネソタ州ミネアポリスで3週間にわたって行われた裁判が結審した後、隔離された状態で2日間、評議を続けていた12人の陪審員たちは、ショービン被告は起訴されていた殺人罪、過失致死罪など3つの罪すべてについて「有罪」であるとの評決に至ったそう。無罪を主張していた被告は(逮捕後に保釈されていたものの)、すぐに再び勾留されました。

有罪の判断が示されたことが知らされると、裁判所前に集まっていた人たちの間からは、歓声が沸き起こったとのこと。

2020年5月25日に起きたフロイドさんの事件は、多くの米国人にとって人種差別がいかにこの国に広くはびこっているかを示すものとなりました。そのためこの裁判は、米国にとって重要な意味を持つものとなっていたそう。

フロイドさん(当時46歳)の逮捕時に撮影されたビデオの映像が広く拡散したことで、BLMの抗議デモは規模が拡大。アメリカ史上最大の抗議活動になったとの見方もありました。

ショービン被告の裁判では、事件が起きた現場に居合わせた人や警察関係者、医療関係者など45人(検察側38人、弁護側7人)が証人として出廷。そのなかには、武力行使の専門家やミネアポリス警察署長、現場に駆け付けた救急隊員などが含まれていたとのこと。

証人たちが陪審員の質問に答えたほか、法廷では証拠として、何時間分ものビデオ映像が再生されたという。

『ロイター』は、「逮捕時に撮影された映像に写っていたのは、手錠をかけられたフロイドさんが、食料品店の前の地面に倒され、9分以上にわって膝で首を押さえつけられている様子。フロイドさんはこの店で、偽の20ドル札でタバコを購入したとされている」と報じています。

またジョー・バイデン大統領は、評決が下される前日、電話でフロイドさんの遺族と話したという。大統領はその後『CNN』の記者に対し、こう語っています。

「遺族は評決の内容にかかわらず、平和と平穏が保たれることを求めています。私は、正しい評決が下されることを祈っています」
「私の見解では、(示された証拠は)圧倒的なものです。陪審員が隔離され、私の発言を聞くことができない状態になければ、(判断に影響を及ぼす可能性があるため)このようなことは言いませんが」

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Hearst Contents Hub