アメリカの非営利団体である電子フロンティア財団(EFF)が2021年4月21日に、マイアミ大学の学生の代理人として、試験管理・監視システムを手がけるソフトウェアメーカー・Proctorioを提訴したと発表しました。EFFは、Proctorioが同社に批判的なツイートを削除するために著作権法を乱用したと訴えています。

EFF Sues Proctorio on Behalf of Student It Falsely Accused of Copyright Infringement to Get Critical Tweets Taken Down | Electronic Frontier Foundation

https://www.eff.org/press/releases/eff-sues-proctorio-behalf-student-it-falsely-accused-copyright-infringement-get

Proctorio sued for using DMCA to take down a student’s critical tweets | TechCrunch

https://techcrunch.com/2021/04/22/proctorio-sued-dmca-student-tweets/

マイアミ大学の学生でセキュリティ研究者でもあるエリック・ジョンソン氏は2020年9月に、ProctorioがChrome拡張機能として開発した試験監視ソフトウェアへの批判をTwitterに投稿しました。

一連のツイートの中でジョンソン氏は、Proctorioのソフトウェアのセキュリティやプライバシーについて論じるため、ソフトウェアのコードの一部が公開されたページへのリンクを含んだツイートを投稿しました。Proctorioがこのツイートに対し、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づく申請を行ったため、Twitterはジョンソン氏のツイート3件を削除しました。

この削除申請について、EFF所属の弁護士であるカラ・ガリアーノ氏は「ソフトウェア会社は、批判者をおとしめるために著作権法を悪用するべきではありません。自身の研究の解説をしたり、批判のためのコメントを裏付けたりするためにコードの一部を利用するのは、書評の中で本の一節を引用するのと何ら変わりありません」と述べて、コードの抜粋を著作権侵害として削除するのは権利の乱用であるとの見方を示しました。

なお、後にTwitterは「Proctorioの削除申請は不完全だった」としてジョンソン氏のツイートを復活させたため、記事作成時点では当該ツイートを閲覧することが可能です。ただし、ツイートに記載されているコードの公開ページへのリンクは、リンク切れになっています。

IT系ニュースサイトのTechCrunchが、Proctorioのマイク・オルソンCEOにコメントを求めましたが、記事作成時点では回答は得られていないとのことです。