22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−阪神戦』で解説を務めた里崎智也氏が、阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明の凄いところについて語った。

 里崎氏は佐藤のすごさについて「あそこまでインコースを攻められて、打率も(試合前まで).205じゃないですか。全くフォームが変わらず、同じスイングでできるのはすごいですよね。」と絶賛。

 22日の巨人戦も『6番・右翼』で先発出場した佐藤は3回の第2打席にレフトへタイムリーを放つと、8回の第4打席には詰まりながらレフト前に落とす安打を放った。

 里崎氏は8回の安打に「バッテリーとしたらしてやったりでしたけど、パワーがね。そういうのも大事。振りきってね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)