植松死刑囚との37回の接見、4年にわたる取材から、犯罪史に残る凶悪犯の実像と、彼を生んだ社会の闇が浮かび上がる……。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 神奈川新聞取材班による書籍『やまゆり園事件』(幻冬舎)を引用し、植松聖死刑囚の犯した惨劇の実情を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

※本文中には、殺害の様子など凄惨な場面描写があるほか、植松聖死刑囚による障害者に対する差別的な発言がありますが、事実に即して掲載します。この事件の詳細を正確に伝えるとともに、差別の実態を明らかにするためです。また、登場する方々の敬称は原則、省略します。年齢、肩書きは一部を除き、2020年7月時点のものです。

◆◆◆

「しゃべれるか」確認して襲撃

 26日午前2時ごろ、相模原市緑区の津久井やまゆり園。すでに多くの入所者が就寝し、園内は静寂に包まれていた。

 東居住棟1階の女性専用「はなホーム」。部屋や廊下の照明は落とされ、非常灯と常夜灯だけがぼんやりと周囲を照らしていた。1時間に1回の巡回のため、夜勤担当の女性職員は支援員室を出た。脱衣所にあった洗濯物を片付け、112号室から順番に部屋を見て回ろうと考えていた。

 110号室の前を通りかかった時だった。開いている部屋のドアから、入り口近くに置かれたタンスの前に座っている人影が目に入った。男が膝をついて何か作業をしているように見えた。入所者の男性だろうか。そう思ったのと同時に、部屋の奥の窓ガラスが割れているのに気づいた。フローリングには割れたガラス片が散らばっていた。

「誰?」。そう声をかけると、男は立ち上がって無言のまま近づいてきた。手には刃の細長い包丁が握られていた。侵入したばかりの植松だった。職員の腕をつかんで「騒いだら殺す」と脅し、2本の結束バンドで職員の両手首を縛り上げた。


植松が津久井やまゆり園に侵入後、最初に通った通路。事件発生から約1年後、建物内が初めて報道陣に公開された(2017年7月6日) 写真=神奈川新聞社提供

 部屋のベッドに横たわっている美帆さんは身動きせず、眠っているように見えた。植松は小さな声で言った。「こいつはしゃべれるのか」。職員が「しゃべれません」と答えると、植松は布団をはがして中腰のような姿勢で包丁を数回振り下ろした。美帆さんは「うわっ」と苦しそうな声を漏らした。刺し傷は上半身に計5カ所、深さは最大でセンチにも達していた。

 植松は110号室から職員を強引に連れ出すと、111号室の前ですぐに立ち止まった。ドアの開いている室内には2人の入所者が寝ているはずだった。植松は部屋の方に視線を向けたまま、「しゃべれるのか」と再度尋ねた。「しゃべれません」。職員がそう答えると、あぐらをかいた状態で座り、上半身を台に預けるような姿勢で寝ていた女性の背中に2回、3回と包丁を振り下ろした。事件後に押収された包丁の1本は先端が欠けており、折れた刃先がこの女性の体内から見つかった。

 その後も植松は職員を連れ回して会話ができるかどうかを確認しながら、話せない入所者を狙って次々と襲っていった。職員が「しゃべれます」と答えた部屋は素通りし、次の部屋へと足を向けた。犯行中、植松が「こいつら、生きていてもしょうがない」とつぶやくこともあった。

 最後に再び110号室の前に連れ戻された。職員は両手の親指をまとめて結束バンドで縛られ、その間に通したもう1本のバンドで廊下の手すりにくくりつけられた。エプロンのポケットに入れていた職員用の鍵も奪われた。

「俺は昔、ここで働いていたんだよ。監視カメラがあっても、役に立ってないな」。職員を拘束する手は休めずに、植松はそう話した。面識はなかったが、職員の間でうわさになっていた男だと悟った。職員の口をガムテープでふさいだ植松は「つばを飲み込めば苦しくない」と言い残し、奥の支援員室へと姿を消した。

「宇宙から来た植松だ」

 隣接する女性専用「にじホーム」の夜勤担当の女性職員は、わずかな異変を肌で感じ取っていた。

 午前1時50分ごろ、支援員室でパソコン作業をしていたところ、「はなホーム」の部屋に設置されている集音マイクのスピーカーが人の叫び声や物音を拾った。入所者が騒いでいるのだろう。そう想像してみたが、なだめる職員の声が聞こえてこないのが気になった。

 午前2時を回った。見回りに行くために書類や荷物の整理をしていた時だった。人の気配を感じ、ふと顔を上げると見知らぬ男が立っていた。キャップをかぶり、メガネをかけ、大きなバッグを肩にかけていた。

 一体誰なのか。職員か、入所者か。全く見当が付かず、混乱する頭のまま椅子から立ち上がった。「親指を出せ」。突然、男は言った。手に血の付いた包丁と結束バンドを持っていた。

 その瞬間、「はなホーム」の入所者が刺されたのかもしれないと怖くなった。その後の記憶はあいまいだ。男に抵抗してもみ合いになり、顔面を床に打ち付けた。メガネのフレームは折れ、下の前歯が欠けた。「早くしないと、手を切り落とす」と脅され、結束バンドで手首を縛られた。

 植松は「はなホーム」の時と同じように職員を連れ回す手口で話せるかどうかを確認しながら、寝ている入所者を包丁で刺していった。植松の意図に気づいた職員は機転を利かせ、会話ができない人でも「しゃべれます」とうそをついた。何人かが難を逃れた。

 不審に思ったのか、しばらくすると植松は職員に確認しなくなった。寝ている入所者に「おはようございます」などと自ら声をかけ、相手の反応をうかがうようになった。

「こいつ、しゃべれないじゃん」。植松はそう言って腕を振り下ろした。当初は心臓を狙うために胸部を刺していた。だが、あばら骨に当たって包丁の刃が曲がったり折れたりしたため、途中から首付近を狙うようになっていた。

「あなたは誰なんですか。どうしてこんなことをするんですか。障害者にも心はあるんだよ」。職員が泣きわめきながらやめるように訴えても、植松は手を止めなかった。

「宇宙から来た植松だ。こんなやつら、生きている意味はない」

入所者名指し「殺さないとな」

 カチッ。

 午前2時17分ごろだった。東居住棟1階の女性専用「にじホーム」と西居住棟1階の男性専用「つばさホーム」をつなぐ渡り廊下の扉の鍵が開く音が聞こえた。

 こんな時間に誰だろう。鍵は職員しか持っていない。確認するために扉の方へ歩いていくと、廊下に伸びる人影がどんどんこちらに近づいてくる。支援員室と庭の外灯の光がわずかに差し込む薄暗さの中で、「つばさホーム」の男性職員は目をこらした。目の前まで来てようやく分かった。5カ月ほど前に園を退職した植松だった。

 いつもそうだったように、愛想笑いのような半笑いを浮かべていた。植松は肩にかけていたバッグを下ろし、職員に向かって言った。

「鍛えておけって言ったろ」

 はっとした。植松がまだ園で働いていたころ、四肢不自由の入所者の入浴介助を一緒にしたことがあった。その時、植松から「もう少し体を鍛えておいた方がいい」と言われたことを思い出した。

 植松は職員の手をつかんで壁際に立たせ、目の前で白くて細い棒状のものを左右に振りながら、「もう殺しているから」と言った。すぐには言葉の意味が理解できなかった。だが、廊下に黒い点がぽつぽつと続いているのが目に入り、植松の足元で途絶えているのを見て全てを察した。

 手には包丁が握られていた。「縛るから」。植松がそう言うとすぐに手首をきつく締め付けられる感覚があった。その瞬間、細い棒状のものは結束バンドだったと理解した。職員を手すりに縛り終えると、植松は「これで逃げられたら、君はすごい」と笑った。「自分の塀の中の暮らしはこれから長いと思うけど、まぁお互い、いい思い出にしようよ」と続けた。

 その後、植松は近くの部屋を指差し、「ここ誰?どんな人」と聞いた。職員が「目が見えない、耳も聞こえない人です」と答えると、「分かった」と返事をして包丁を握りしめたまま部屋の中に入っていった。すぐに、布団の上に人を落としたような「ばさっ」という音が3回ほど響いた。直後、「うう、うう」という苦しそうなうめき声が聞こえてきた。

「あいつ、どこにいる?わっと怒るやつ。あいつは殺さないとな」。部屋から出てきた植松はそう言って、早足で別の部屋へ向かった。かつて、「つばさホーム」で支援をしていた時期があった。

 しばらくして、「うわあ、あー」という悲鳴が何度か聞こえた。不明瞭な発音から植松が名指しした入所者だとすぐに分かった。拘束されている職員のところまで戻ってくると、植松は言った。「よかった、ちゃんといるね。いなかったらどうしようかと思った」

「すぐ来て。やばい」

 植松が部屋を回って襲撃を繰り返している隙を見て、職員はポケットにあったスマートフォンから園近くの職員寮に住む同僚にLINEでメッセージを送っていた。

「すぐ来て。やばい」。午前2時21分ごろだった。

 職員は緊迫した状況下でSOSのサインを出し続けた。同僚の携帯電話には最初のメッセージから10分後の午前2時分ごろに「わ」、その2分後に「きたかあさはらう」。続けて「てんさく」という意味不明のメッセージが送られてきた。職員は靴と靴下を脱ぎ、床に落としたスマートフォンに足の指で「けいさつ」と打とうとしていた。午前2時38分、異変を感じ取った同僚による最初の110番通報につながった。

 どれくらいの時間がたったころだろうか。隣接する男性専用「みのりホーム」の男性職員がこちらに向かって歩いてくるのが見えた。背後には植松の姿があった。包丁を突き付けられ、同じように結束バンドで手すりに縛り付けられた。「これから厚木とかにも行っちゃうからね」。植松の発した言葉が、身体と知的の重複障害のある人が入所する系列の障害者施設を指していると直感し、思った。そこの入所者も殺すつもりなのだ、と。

 植松は支援員室に入り、パソコンを操作して夜勤に入っている職員をチェックした。自分より体格のいい人物がいないことを確認するためだった。その間、わずか数分。植松は階段を使って西居住棟2階の男性専用「いぶきホーム」へ足を向けた。

「こういう人たちっていらないですよね」

 午前2時半ごろ、エレベーターホールの出入り口の鍵の開く音がした。支援員室の外にあるベンチで休憩中に携帯電話を眺めていた「いぶきホーム」の男性職員はさほど気に留めなかった。翌朝開かれる職員会議の資料をつくるために他の職員が早めに出勤してきたのだろうと考えたからだ。

 少しずつ近づいてくる足音は、目の前で止まった。ポタポタと滴(しずく)が床に落ちる様子が、携帯電話を見つめる視界の端に入った。視線を上げた瞬間、植松だと分かった。一緒のホームで働いたことはなかったが、顔だけは知っていた。

 額は汗でぐっしょりとぬれ、肩を大きく上下させて荒い息をつき、にやにやとした薄笑いを浮かべていた。血の付いた包丁を握り、刃先をこちらに向けていた。脳裏に死がちらついた。「動かないでくださいね」。植松は丁寧にそう言って、まず職員の携帯電話を取り上げた。壁に向かい合うように立たせ、結束バンドで廊下の手すりに職員を縛り付けた。

 植松はすぐに大股で入所者の部屋に入っていった。扉の開く音に続いてうめき声や叫び声が次々に聞こえてきた。その声は静かなものもあれば、絶叫に近いものもあった。いくつかの部屋を回り、戻ってきた植松は近くの部屋を指さして「この人はしゃべれるんですか」「隣の部屋はどうなんですか」などと矢継ぎ早に尋ねた。職員が「しゃべれません」と答えると、植松は「こういう人たちっていらないですよね」と言いながら背中を向け、その部屋へと歩いていった。その後も扉が開く音とうめき声が交互に繰り返された。

目の前の廊下は一面が真っ赤に染まっていた

 5番目に襲われた「いぶきホーム」の死傷者数は計15人。襲撃された6つのホームの中で最も多かった。「それまでに刺した人数があまりに少ないな、と」。裁判の被告人質問で植松はそう語り、手当たり次第襲っていた実態が浮き彫りになった。

 植松が最後に向かったのは、「いぶきホーム」に隣接する男性専用「すばるホーム」。夜勤の男性職員が支援員室でパソコン作業をしていると、「いぶきホーム」側の扉が開いた。仮眠を取っていた別の夜勤職員が戻ってきたのだと思い、顔を向けるとキャップをかぶった見知らぬ男が立っていた。血の付いた包丁を手に持ち、「心配ないから」とだけ言った。身の危険を感じた職員は何も答えず、椅子から立ち上がると同時に、開いていた反対側の扉の方に駆け出した。

 廊下に飛び出す際に後ろ手で扉を閉めようとしたが、植松に手をかけられ拒まれた。「すばるホーム」の奥へと無我夢中で逃げた。「大丈夫」と声をかけながら、植松がすぐ後ろから迫ってくる。空いている奥の部屋に逃げ込み、中から引き戸の取っ手を必死で押さえた。植松は3回、4回と無理やりこじ開けようとしたが、やがてあきらめたようだった。

「じゃあ、いいや」。引き戸の向こうから、そんな声がした。

 持っていた携帯電話で110番通報している間にも、近くの部屋から入所者のうめき声が絶え間なく響いてきた。発信履歴の時刻は午前2時45分だった。しばらくたってから職員が部屋の外の様子をうかがうと、植松が握りしめた引き戸の取っ手には血がこびりつき、目の前の廊下は一面が真っ赤に染まっていた。

犯行終了、ツイッター更新

 午前2時48分。園に設置された防犯カメラに、正門から敷地外の路上に向かって歩く植松の姿が記録されていた。園内に侵入した午前1時43分から1時間余りで、入所者19人が殺害され、職員2人を含む26人が重軽傷を負った。犠牲者の大半が首を刺されたことによる失血死だった。持ち込んだ5本の刃物のうち、2本が園内から見つかった。

 午前3時5分ごろ、植松は園から東に約7キロ離れた県警津久井署に出頭した。犯行後、自首することは決めていた。「錯乱による犯行ではない」とアピールすることで、「意思疎通のできない障害者は安楽死させるべき」という自身の主張の正当性を社会に訴える狙いがあった。逮捕後の調べに対し、植松は被害者への謝罪を口にすることはなく、障害者への独善的な主張を繰り返した。

《世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!!!!》

 犯行直後の午前2時50分、植松は自身のツイッターでそうつぶやいた。金髪で、黒のスーツに白いワイシャツ、赤いネクタイ姿。メッセージに添えられていたはにかんだ笑みを浮かべる自撮り写真は、植松が2時間ほど前に用意した画像だった。

 計画は完遂された。刃物による殺人事件の犠牲者数としては戦後最悪という結末で。

「ずいぶんイカれてますね」植松死刑囚が獄中で残した奇怪な手記・イラストの数々 へ続く

(神奈川新聞取材班)