人気ユーチューバーが街を散策する様子をライブ配信していた際、ある男性がナイフを持った強盗に襲われる事件が発生した。現場に居合わせたユーチューバーはすぐに駆けつけ、大声を出して強盗を追い払い男性を守ったという。その躊躇を見せずに駆け寄る姿には「君はレジェンドだ」と褒め称える声が殺到した。『The Straits Times』などが伝えている。

【この記事の動画を見る】

英ロンドンで今月9日、人気ユーチューバーのシャーウィンさん(Sherwin)が市内を散策する様子をライブ配信していた。

動画は午後6時41分から始まっており、公園で寝そべるシャーウィンさんの姿が映っている。その後、近くの公園や街中を歩き回ったり、買い物をしたりとロンドン市内での生活を配信した。

日が落ちて暗くなった街中では、通りがかった人に手を振るなどやりとりを楽しんでいた。午前1時より少し前に、市内中心部のレスター・スクウェアでシャーウィンさんがある男性に道を尋ねてお礼を伝えた直後、叫び声が響き渡った。

シャーウィンさんはすぐに声がした方を振り返ると1人の男性が道路の真ん中で座り込んでおり、男がその自転車を盗もうとしていたのだ。シャーウィンさんは「彼に近寄るな! くそ野郎!」と何度も叫びながら男性のそばに駆け寄った。しかし男は目当ての自転車を諦めておらず、男性とシャーウィンさんに向かって突進しており、緊迫の状況ながらもライブ配信は続いた。

襲われた男性は「警察を呼んで!」と繰り返し訴えており、恐怖でショックを受けている様子だ。シャーウィンさんの行動に気付いた周囲の人も集まり、襲った男は急いで走り去っていった。

シャーウィンさんが警察に電話を繋ぐと、男性は「殺されるところだったんだ」と興奮した様子で伝えており、周囲の人が肩を撫でて安心させる姿もライブ配信されている。

被害に遭った男性はレイモンド・ヒンさん(Raymond Hing、21)というシンガポール人の学生だった。レイモンドさんによると、相手の男はナイフを持っていたと言い、レイモンドさんの頬にはそのナイフによる切り傷ができていた。

レイモンドさんは駆けつけた私服警察官に、「男はナイフを持っていて危険な奴だった。自転車を盗ろうとしていたんだ」と証言している。

警察は現在も男の行方を追っており、重要な手掛かりとしてシャーウィンさんにライブ配信した動画のコピーを提供して欲しいと求めたそうだ。

シャーウィンさんは「本当に非現実的な出来事だったよ。叫び声の方へ駆け寄った時、不安とアドレナリンが出て興奮している気持ちが混ざっていて、軍人にでもなったような気分だった。今回の僕の行動が他の人に良い刺激となることを祈っているよ。恐れる必要はないさ。悪い方向に進みそうなシナリオを、致命的な結果とならないように勇気を出して一歩踏み込むんだ」と今回の行動についてコメントしている。

この動画を見た人からは「シャーウィン、君はヒーローだ」「助けに行くのに少しも躊躇していない。本当にすごい」「これは本当に勇気のある行動だよ。レジェンドだね」とシャーウィンさんの勇敢な姿に称賛の声が多数見受けられた。画像は『Coconuts Singapore 2021年4月20日付「Singaporean student mugged in London streamed live on YouTube (Video)」(Photo: Sherwin/YouTube)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)