誰かと付き合うとき、告白がきちんとあったのか、どっちから付き合うようになったのかなどのように付き合い方に注目することがあるでしょう。

しかし、実は別れるときの別れ方のほうが大事ということもあります。「別れるときなんてサッと別れたらいい」「終わりが訪れたら別れるしかない」と思う人もいるでしょう。

そこで今回は、なぜ別れ方が大事なのかについて紹介しますね。

■トラウマにならない

別れ方が悪いと、その別れ方に対してトラウマを持ってしまう可能性があります。トラウマになると、次の恋愛をするのが怖いと思ったり、次に恋人ができても信用できずに束縛してしまったりと良いことがありません。

しかし、きちんとした別れ方をしていたらトラウマにならないため、次の恋愛に進みやすくなるのです。

誰かと別れたとしても、また次の恋愛をすることがあるでしょう。その日のためにも別れ方というのはとても大事なのです。

■未練をもたない

お互いが納得して別れることができたとしたら、お互いに未練を持つことがないでしょう。どちらかが納得していないのに別れてしまうと、納得できないほうは未練を持つようになります。

未練を持つということは、次の恋愛がなかなかできない、恋愛したとしても過去と今を比較してしまうなどのような考えを抱くようになってしまいます。

未練は恋愛において苦しいものになります。苦しさを軽減させるためにも、別れ方は大事なのです。

■恨む気持ちがなくなる

もし、別れ方がひどいものであったとしたら、相手を恨む気持ちでいっぱいになることもあるでしょう。月日が経っても「あの人のせいで自分は恋愛ができない」などのように色んなことを思ってしまう可能性もあります。

「出会わなければよかった」「付き合うんじゃなかった」とまで思うこともあるでしょう。恋愛で人を恨む気持ちは非常にドロドロしたものになってしまいます。

そのため、付き合っているときに何があったにしても別れた後に恨みを残さないためにも別れ方が大事なのです。

■自分が幸せになれる

納得できていない別れ方をしてしまうと、相手の幸せを願うことができなくなります。例えば、相手が先に新しい彼女ができたり結婚したりすると「どうして私は傷ついているのにあの人だけ幸せになるの?」と思ってしまうでしょう。

しかし、ちゃんとした別れ方をしていれば、相手が幸せになったときに「よかった......」「おめでとう......」という気持ちを持つことができるのです。

その結果、自分にも早いうちに幸せが訪れるようになるでしょう。人の幸せを願うことができるからこそ訪れる幸せがあるのです。

■別れ方には注意しよう

誰かと付き合うと別れが訪れることもあります。本当は別れずに結婚までいきたいと思ったとしても別れがくることもあるでしょう。そんなときは別れ方に注意して、納得いく別れ方をしてくださいね。
(ハウコレ編集部)