出会いはあってもいつもいい人で終わってしまう、好きな人ができても「いい人だと思っているけど......」と言われてしまうことがありませんか?

いい人と言われるということは、印象は悪くないはずです。しかし、何かに欠けるものがあるからいい人で終わってしまい、恋愛に発展しないということも多くなるのです。

今回は、いい人止まりになる女性の特徴について紹介しますね。

■尽くしすぎる

好きな人に対しては尽くしたくなるものです。好きだからこそ尽くして、尽くすことでアピールもしているでしょう。

しかし、尽くしすぎていると「いい人だけど恋愛は......」などのようにいい人止まりになってしまいます。なぜなら、相手が何かをしてあげたいと思わないからです。

恋愛はギブアンドテイクですが、尽くしすぎるとそのバランスがとれなくなってしまうのですね。

■自分の気持ちを言わない

本当は相手のことが好きなのに自分の気持ちを言わない、付き合ってほしいと言わない女性はいい人止まりになることが多くなります。

結局どうしたいか分からないと思われるので「いい人だけどそれしか思わない......」という対象になりやすくなるのです。

自分の気持ちを言わないほうが相手が困らないと思っていませんか?だからこそ、いい人で終わってしまうのですね。

■見た目がタイプじゃない

中身はいい人であっても、見た目が相手のタイプではないとなるといい人で終わる可能性が高くなるでしょう。この場合は、見た目を磨いていかなければなりません。

好きな人の好みを調査して好きな人の好みに近い自分になれたら両想いになれる可能性も高くなりますね。

ただ、そもそもの見た目がタイプでないとなると中身が良くても発展しにくいものはあります。そういうときは、見た目がタイプと言ってくれる人で勝負したほうがいいでしょう。

■怒らない

何をしても怒らないタイプの人は、自分を見せていないように感じて接するほうが戸惑うこともあります。ヒステリーはダメですが、いつも笑って許しているのもよくないのです。

たまには「それやめて......」などのように軽い注意を入れたほうが人間味があって分かりやすく心が近づけた気持ちに相手もなるでしょう。

しかし、何をしても怒らなかったら表面だけの人に見えてならないのです。だからこそ、「いい人だけどなんかな......」という物足りなさを相手に植え付けてしまうのですよ。

■いい人止まりにならないようにしよう

相手に「いい人」と思われているのにそこで終わってしまうのはとてももったいないことですね。いい人で止まらないように魅力を磨いて「素敵な人」「彼女にしたい人」に昇格するように努力しましょう。
(ハウコレ編集部)